増毛したところは髪の毛が抜けやすい?女性用増毛と髪の毛にかかる負担について

増毛は地毛を活かしつつ、人工毛を使って毛量をボリュームアップさせる方法ですよね、これを考えている薄毛の女性は多いと思われます。
しかし1本の地毛の根元に複数の人工毛を結びつけることから、髪の毛に負担がかかるのではないか、と言われています。薄毛を解消するために増毛するのですが、そして増毛はかつらに比べると非常に自然な仕上がりになります、しかし髪の毛自体に負担がかかってしまっては意味がありませんよね。確かに増毛は短期間で一気にボリュームアップできる画期的な方法だと言えるので、薄毛で長年悩んできた女性なら、一度は受けたい!と思うことでしょう。かつらと違い、最新増毛法はシャンプーも水泳も思いのままですから、自然な装着感が魅力的なのです。

でも地毛が弱くなる?

増毛は比較的太く健康な髪の毛を選び、その毛の毛根に人工毛を結びつけるものとなっています。自分の毛に人工の毛を結ぶことにより一気にボリュームアップを図ることができるのです。しかしこの増毛法は長い効果を期待できないという点があります。何故なら地毛にダメージが大きいというデメリットがあるからなのです。

髪の毛は自然に伸びてくる

髪の毛は自然に伸びてきますが、最初は人工毛が根元に結び付けられてきても自然と伸びてきた髪の毛につられて、結び目も上へと上がってきます。するとブラッシングするたびにひっかかりがあったり、ブラッシングが困難になってくるという自体になり、毛根部分の引っ張りというダメージや負担が大きくなってしまうのです。それを繰り返すと毛根にはかなりのダメージがかかってしまい、毛根が弱まり、挙句の果てには抜けてしまうという自体も起こりかねないのです。

これを防ぐためには定期的なメンテンナンスに通うことが必要となり、必要に応じて結び目をまた根元に結んでもらう必要があります。これが面倒だと感じる人はカツラやウィッグを選択したほうが良いでしょう。このメンテンナンスをしなければ毛根は負担がかかったままになってしまいますから、地毛も危険な状態に陥ってしまいますし、それだけは避けたいですから、どうか増毛を考えている女性の方は、是非ともメンテナンスにはしっかり通うようにしましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ