増毛体験の効果はどれくらい続くの?メンテナンスの頻度は!?

増毛体験 メンテナンス 頻度

増毛は本人が希望すれば簡単に行うことができます。特別な手術ではありませんから、サロンに行ってお願いすれば短時間でボリュームアップすることができます。

しかしそれだけ便利な分、増毛の効果がどれくらい持続するかが知りたいところです。増毛は人工毛を植え付けるものですから、一生ものとは違います。

そのためメンテナンスが一定期間ごとに必要となりますが、その期間は一体どれくらいになるのでしょうか?

増毛のタイプによって維持できる効果が変わってくる!?

実際、増毛の結わえ付けのタイプによってメンテナンスの期間は変わってきます。増毛のタイプは色々ありますから、その都度メンテナンスの必要性も異なってきます。

結毛タイプのメンテナンス期間

まず結毛タイプの場合だと、月に1回から2回は結びなおす必要があります。メーカー専属の美容師にカットしてもらう必要があるので、月1回から2回、その手間がかかると見てよいでしょう。月に1回もしくは2回、サロンに通えることが必要となります。

>増毛後はサロン専属の美容師にしかカットしてもらえないのか?

編み込みタイプのメンテナンス期間

特殊な糸を使って髪の毛全体に土台を作ってから、その土台に人工毛を結び付けていくというのが編み込み式タイプとなります。

この編み込んだ毛の耐久性はおよそ2年と言われていますから、2年間、もしくは3年間は安心してつけていられます。

ただしメンテナンスとして年に1回から2回はチェックや修理が必要となります。また数年もつといっても、地毛が伸びると不自然なスタイリングになりますから、こちらも月に1回程度は編み込みなおす必要がでてきます。

接着式のメンテナンス期間

人工毛を植え付けてあるシートを頭皮に貼り付けるタイプの増毛法ですが、こちらはシートの密着持続期間というものがあり、およそ2週間前後となりますから、月1回から2回は張替が必要となります。さらに黒い粉末を頭上にかけるふりかけタイプのものもありますが、これは1日限りとなります。

どうしてもその日だけ髪の毛を増毛したいという場合のみ利用するとよいでしょう。シャンプーすると簡単に落とすことができますから、念のため用意しておいたほうがよいかもしれません。

このように増毛といっても、一生もののものではありませんし、育毛剤でコツコツ地毛を生やして、自分の毛が蘇った!ということはありません。

あくまで人工毛を編み込んでいる、結わえ付けているだけ、と考え、メンテナンスや年に数回編み込みなおすなど、その手間暇やコストを考えてから、増毛をするかどうかを決めるとよいでしょう。

>増毛体験をうけるメリットとデメリット


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ