髪の毛が伸びてくるとウィッグを付けた部分に違和感が出来る?

年齢を重ねてくると、若い頃と異なりふさふさの髪の毛というわけにはいかなくなります。いくら育毛剤で頑張ってみても、ふさふさの状態まで改善させることは難しいでしょう。ですが女性であればいくつになっても美しく、髪の毛もふさふさのままキープしたいと思うもので、これは女性の永遠の憧れでもありますよね。そんな時、ウィッグというものが目に付きます。ウィッグは最近では人工毛や人毛のものなど、様々な種類が出てきており、各大手メーカーからも、市販でも大変多く販売されています。

しかし髪の毛が徐々に伸びてくると、ウィッグをつけた部分が不自然に見えてくるということを耳にしたことはありませんか?それはどういうことなのでしょう。

ウィッグ部分より髪の毛が長くなってしまう

ウィッグは素材や装着感、手触りが大切なのですが、部分用ウィッグの場合、ウィッグ以外の部分の髪の毛が伸びなくすることはできませんかんら、こまめにウィッグ付近の髪の毛はカットしなければならなくなります。これが最も厄介な点だと言えますね。またつける場所にもよりますが、ウィッグをつけていると、その周りの髪の毛が浮いて見えることもあるため、やはりカットが必要になる場合があります。このようにウィッグにはウィッグ自体もですが、髪の毛のメンテンナンスが必要となるのです。

最もばれないフルウィッグ

部分用ウィッグで小まめにカットが難しい場合や、面倒だと思う場合は、ちょっと贅沢をしてフルウィッグを作ってもらう、もしくは購入することがオススメでしょう。フルウィッグなので、かぶればそれだけでセットアップ完了です。部分用のように地毛と馴染ませる必要もありませんし、すっぽりかぶってしまえるので、地毛とウィッグの境目も心配する必要がありません。このように髪の毛が伸びてくると部分用ウィッグの場合、カットが必要になりますが、フルウィッグの場合は例外ですので、自分の好みや手間を考えてウィッグを選びましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ