医療用ウィッグの利用が多い女性の年齢層とは

医療用ウィッグというものをご存知でしょうか?抗がん剤治療などによって髪の毛が抜け落ちてしまった場合につけるウィッグのことです。髪の毛が抜けるということは女性にとってはかなり精神的なダメージが大きく、ふさぎこんでしまう女性もかなり多いのです。そのために医療用ウィッグというものが生まれ、精神的なケアをするために前向きになれるようにウィッグが使われるようになったのです。ではどのような年齢層が医療用ウィッグを使っているのでしょうか。

病気によってつける可能性が高い医療用ウィッグ

医療用ウィッグは病気によって着ける可能性が高いため、50代や40代が着けている傾向が高いでしょう。精神的に不安定になりやすい40代50代の女性のメンタルをケアし、抜け毛という恐怖から安心して生活できるように医療用ウィッグが活躍しているのです。

子供でもウィッグをつける場合がある

抗がん剤で辛いのは吐き気など色々ありますが、女性にとってダメージが大きいのは脱毛なのは、子供も大人も同じです。特に思春期の女子ならば、髪の毛がごっそり抜けてしまったダメージは相当なものですから、大方の年齢層は50代に集中しているものの、医療用ウィッグを使っているのは若い女子や子供でも同じなのです。もちろん使用頻度は少ないかもしれませんが、子供でそのような治療を行っている女子の場合、医療用ウィッグを使って生活している女子もいるのです。

治療を行う上で精神的に不安定になっているというものは大きなマイナスになってしまうものなのです。精神的にマイナスになるとうつ病を併発したりしますから、治療が困難になるケースもあるのです。それを回避するためにも医療用ウィッグというものが誕生し、マイナス思考をプラスに変えて、治療を積極的に受けてもらえるようにしているのです。

更年期障害も抱えている50代の女性は特にメンタルが不安定になりがちなので、病気で脱毛が起こるような薬などを投与している人は、特に医療用ウィッグをつけている女性が多いというわけですね。これも全て前向きに治療を受けてもらいたいという医療側からの働きかけというわけです。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ