弱っている髪の毛の寿命を延ばす方法

髪の毛には寿命があるのをご存知ですか?髪の毛は3年~6年という月日を経て抜け落ちていきます。基本的には、女性ホルモンの関係から女性よりも男性の方が髪の毛の寿命は短いと言われています。

髪の毛の寿命には幅がある

寿命を迎える年月には、3~6年という幅があるのが気になりますよね。この年数の幅は、その人の髪の毛が生まれて抜け落ちるまでのサイクルによって違いが生まれるようです。この毛周期と言われるサイクルは、男性では3~5年、女性は5~6年が正常な範囲とされています。

髪の毛は、ある一定のサイクルの中で変化していく

髪の毛は毛周期と言われる周期によって変化していきます。まず、髪の毛がつくられる初期成長期から始まり、太く強い髪になりながら伸びていく成長期、髪の毛は寿命を迎えて抜け落ちる準備期に入る退行期、成長が完全に止まり、次の髪の毛が生まれる準備を始める休止期の4つのサイクルを年数をかけて繰り返していきます。
この毛周期は、生活習慣や頭皮の環境、ストレスなどによって変化が生まれることが多く、抜け毛や薄毛が気になったり、髪の毛自体が弱っているように感じてしまうのは毛周期のサイクルが乱れていることから起こると言われています。本来なら成長期を迎えた髪の毛は、太くそしてしっかりと成長していくものですが、何らかの原因によって弱ってしまった場合、一番長い期間の成長期の数年間という月日が縮められきちんとした成長を遂げずに抜け落ちてしまうのです。

成長期の時期を長く継続できるかが決めて

髪の毛の寿命を延ばすなら、この成長期の時期をいかに長く継続させることができるかということが重要になってくるのです。成長期を長くさせるためには、毎日の食生活や睡眠などを見直し健康的な生活を送るように心がけることと、過度なストレスはなるべく溜めないようにすることが大切です。
さらに、成長期には頭皮環境を少しでもよくするために、毛髪ケアをきちんと行うようにしましょう。そうすることで、2年~6年あるという成長期を最大限の期間、成長期にさせ寿命を延ばすことができるようになります。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ