髪の毛と同じ成分のタンパク質を多く取れば髪も元気になる?

髪の毛の成分の中で主となるものはタンパク質ですが、食事からたんぱく質を意識的に多く摂るようにすると髪の毛に良いのではないかと思いますよね。確かに、タンパク質は髪の毛を元気にするのにはとても重要な栄養素です。

タンパク質とアミノ酸は同じもの?!

髪の毛に良いと言われている成分でよく聞くのがアミノ酸ですが、アミノ酸は食事として摂取したタンパク質が姿を変えた形がアミノ酸なので、タンパク質とアミノ酸は同じものと思っていて間違いないと思います。タンパク質には、肉や魚、卵などに含まれる動物性のものと、豆腐や納豆などの豆類に含まれる植物性のものがありますが、タンパク質を摂取するということだけを考えた場合は、どちらを摂取しても構わないと思います。しかし、体が健康でなければ髪の毛も健康な状態を維持することができないので、健康の面からみれば植物性のタンパク質の方を意識して多く摂るようにすると良いと思います。
レバーや卵、うなぎなどのタンパク質は体にもとても良いタンパク質なのでオススメです。

タンパク質以外の髪の毛に必要な栄養素とは

この他にもビタミンBを始めとするビタミン類や、亜鉛も髪の毛には必要不可欠な栄養素なので意識して摂取するようにすると良いと思います
ただし、髪の毛が元気になるからと他の栄養素を無視して、タンパク質ばかりを摂取したりすると体に必要な栄養素が不足してしまうので髪の毛に必要な栄養素が行き届かなくなってしまいます。また、1日1食や2食というような不規則な食生活を続けていると髪の毛ではなく、体が必要としている部位へ栄養素が運ばれていってしまうので、髪の毛を元気にしたいと思うならやはり規則正しい食生活を心がけることが大切です。

バランスの良い食生活が何よりも重要

髪の毛の成分であるタンパク質は、食事から摂取することができるので、髪の毛を元気にしたいという場合、質の良いタンパク質をしっかりと摂りながらバランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ