剛毛を改善するために髪にダメージを与えていたら薄毛になった・・・

人によって髪の毛の量や髪質は様々です。もともと毛が細い猫っ毛の人もいれば太くて硬い剛毛の人もいます。どちらの髪質の人にもそれぞれ、こんな髪質だったら良かったのにと思えるような悩みはあるものです。しかし、剛毛の人は髪の細い猫っ毛の人と比べると将来、髪の毛が薄くなったりハゲてしまうような心配はいらないと思っていませんか?
そして、剛毛の髪質が薄くて軟らかい髪の毛に変わるということも想像できないと思います。だからこそ、少しでも剛毛を改善したいと髪の毛にわざとダメージを与えてしまう人もいるのではないでしょうか。

剛毛だからと髪の毛にわざとダメージを与えていませんか?

実は、剛毛が嫌でわざと髪の毛にダメージを与えていたら薄毛になってしまったという人は多くいるようです。まさか自分が薄毛で悩む日がくるとは思わなかったと髪の毛にダメージを与えてしまったことを後悔している人も多いようです。
髪の毛は、若いうちは剛毛でどうしようもない髪質でも、年齢を重ねるごとに少しずつ髪質は変化していくものです。また、剛毛で髪の毛の量が多い人は、自然と髪の毛の量も少なくなっていってしまいます。だからこそ、剛毛の時にわざわざ髪の毛にダメージを与えるようなことをせずに、正しいケアを行うことが大切なのです。

もともと髪の毛の量が少なく、猫っ毛の人は急な変化を感じない

もともと髪の毛の量が少なく、髪も細くで猫っ毛の人は、ハゲてしまうかもしれないという心配をしつつ頭皮や髪の毛のケアをしている人が多いので、案外、薄毛やハゲで悩んでいるという人は少ないです。そして、髪質も量も変わることなく年齢を重ねていくことが多いので、極端に髪質が変わってしまった、髪の毛の量が少なくなってしまったと思うこともないようです。

剛毛にダメージを与えずに改善するには

剛毛を改善するために髪の毛にダメージを与えるのではなく、頭皮や髪の毛に正しい栄養とうるおいを与えるようなケアを行っていくことが、剛毛を改善するのに最適です。また、最近ではパーマなどの矯正を行うことで剛毛を改善させることもできるので、髪の毛にダメージを与えるようなことだけは辞めるようにしましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ