正しいリンスのすすぎ方を覚えて薄毛の頭皮ケアを徹底しよう

薄毛が気になり始めたから頭皮ケアを本格的に始めるようになったという人は多いと思いますが、できれば薄毛が気になり始める前からの頭皮ケアが大切です。そのためには、正しいシャンプーとリンスの方法を理解しておくことです。普段、何気なく行っているシャンプーやリンスは頭皮や髪の毛にとって正しい方法かどうかを確かめる方法はなかなかありませんよね。

しかし、シャンプーもリンスも正しく行うことで薄毛を予防することができたり、これ以上の進行をストップさせることもできるかもしれません。

リンスのすすぎは、きっちり行っていますか?

女性が薄毛で悩んでいる場合は、リンスを正しくすすいでいないかもしれません。私たちが通常使用している市販のリンスは、油分でできているものがほとんどで、髪の毛のキューティクルをダメージを与える様々なものから守るコーティングの役割を果たしているものです。なので、リンスは髪の毛が元気になるような栄養分でも、頭皮を健康な状態に保つためのものでもないので、頭皮や毛根の部分につける必要はありません。

リンスは頭皮にはつけてはいけない

頭皮につけずに髪の毛にのみにつけるようにします。頭皮にたっぷりとつけてしまうと、毛穴を詰まらせてしまうなどの何らかの影響を頭皮に与えてしまいますので、リンスをつける場所をきちんと守ることが大切です。さらに、リンスは充分すぎるほどしっかりすすぐことが大切です。
すすぐ時には、できれば顔を上に上げるような体勢で、シャワを上から下に向けて流すようにするとリンスやすすぎのお湯が頭皮につくことなく流すことができます。

リンスの役割をきちんと理解

正しいリンスのすすぎ方は特別難しいものではありません。リンスが髪の毛にどのような役割を持っているのかということを正しく理解することで、どのように使用すれば良いのかということは、自然に理解することができるのではないでしょうか。リンスを正しく使用して、薄毛の頭皮ケアをしっかり行うようにすると薄毛の悩みから解放されるかもしれませんね。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ