シャンプーの後の過ごし方で髪を傷めない知っておきたい事

髪の毛は、ほんのちょっとしたことで痛んでしまうとてもデリケートなものです。例えば、空気の乾燥する季節や、乾燥しがちな環境で過ごしている場合、髪の毛に静電気が発生してしまうため、髪の毛は知らず知らずのうちに傷んでしまっていたということはよくあることです。そうならないためには、1日を終えた夜の時間、シャンプーを行った後の過ごし方が大切だと言われています。

シャンプーは朝ではなく夜に行うのが理想

シャンプーは、基本的には毎日行うという人が多いと思いますが、シャンプーは朝ではなく1日を終えた夜の時間帯に行うようにすると頭皮や髪の毛に良いようです。シャンプーを行った後には、タオルを使って余分な水分を拭き取ります。この時に頭皮や髪の毛を痛めるようにゴシゴシと拭き取るのではなく、軽く押さえるような感じで水分を拭き取るようにしましょう。その後は、髪の毛を毛の流れに沿ってとかした後に、ドライヤーで乾かしていきます。

シャンプー後のドライヤーは大切

ドライヤーは髪の毛や頭皮のことを考えるとあまり使用しない方が良いという説もあるようですが、シャンプー後、濡れたまま放置してしまうと髪の毛は余計なニオイや、雑菌などが付着しやすいと言われています。また、ドライヤーを使わないでいることのほうが髪の毛を痛めてしまう原因になってしまうので、髪の毛は濡れたままにせずに、きちんと乾かすことが大切です。もちろん、ドライヤーの熱は1ヶ所に集中することなくまんべんなく行き渡るように左右や上下に振りながら乾かすようにすると、髪の毛や頭皮の負担にはなりません。

血行促進に頭皮マッサージを

ひと通り、髪の毛を乾かしたら頭皮のマッサージを行ってみてください。マッサージを行うと血行が良くなります。また、頭皮や髪の毛を刺激することで、頭皮の毛穴は自然と引き締まってくるので顔全体のリフトアップに繋がるのはもちろんですが、抜け毛などの予防にもなると言われています。シャンプーの後の過ごし方で髪の毛を痛めることがなくなりますが、逆を言えば、シャンプーをした後のケア方法を間違えてしまうと髪を痛めたり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうことも全くないとは言い切れないので、日頃からシャンプーの後の正しい過ごし方を理解して実践してみると良いと思います。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ