シリコン入りシャンプーは頭皮に詰まって薄毛の原因に!?

最近、ノンシリコンシャンプーが人気となっていますが、なぜ人気になっているのかはシリコンが入っていない方が髪の毛や頭皮に良いのでは?というものだったり、シリコンが入っているシャンプーを使っていると毛穴にシリコンが詰まってしまうので抜け毛の原因になってしまうからというのが理由のようですが、本当にシリコン入りシャンプーは頭皮に詰まって薄毛の原因になってしまうのでしょうか。

シリコンの正体とシャンプーに入っている意味

そもそもシリコンっていったいどういうものなのかをご存知でしょうか。まずは、シリコンの正体となぜシャンプーに入っているのかをご紹介したいと思います。
シリコンという油膜で覆うことで、髪の毛は紫外線や摩擦などと言った刺激から守る働きをするものとしてずっとシリコンはシャンプーの中に必要な成分として配合されてきました。シリコンが入っていない無添加のシャンプーを使うと髪の毛がギシギシする感覚に陥るのは、髪の毛が油膜に覆われないために起こってしまうのです。髪の毛を油膜で覆うと髪の毛同士がこすれて髪のダメージを引き起こしてしまわずにすむため、シリコンが配合されているのです。こう考えると、シリコンは髪の毛にとってとても良い作用を及ぼす成分なのではないかと思うと思います。

では、なぜシリコン入りシャンプーは敬遠されるようになってきているのでしょうか。其の理由は、シリコンが入っているシャンプーは頭皮に詰まり抜け毛を引き起こしてしまうことから薄毛の原因となってしまうのと、シリコン自体が有害物質でアレルギー反応を起こす原因となってしまうからという2つの理由があります。

抜け毛の原因はシリコンではない

しかし、シリコンは頭皮の毛穴につまってしまうような大きさではないため、シリコンが原因で抜け毛を引き起こしてしまうということはまずないようです。頭皮に良いシャンプーの基本は、シャンプーをした後のすすぎをきちんと丁寧に行うことなので、そのシャンプーの方法さえ間違っていなければシリコン入りシャンプーで薄毛になることはまずありません。ただし、シリコンを過剰に配合しているシャンプーは、頭皮にシリコンの成分が残ってしまうので注意する必要があるようです。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ