ノンシリコンシャンプーがなぜ女性を中心に人気なのか?

ノンシリコンシャンプーと聞くと何だか頭皮や髪の毛に良いというイメージを持ってしまうのですが、実際のところはどうなのでしょうか。ノンシリコンシャンプーには、シリコンが入っていないというところまでは、誰でも理解することができると思います。

シリコンはケイ素という元素

シリコンは、ケイ素という元素で、もともと土などに存在しているのですが、そのケイ素を合成し、合成樹脂として様々なことに用いられています。例えば、コンタクトレンズや化粧品、美容整形で行われる豊胸手術にもシリコンは使われています。シリコン自体はとても安全で、私たちの健康を害してしまうような毒性は持っていません。そんなシリコンはなぜシャンプーに配合されるようになったのかというと、それはシリコンの特徴でもあるコーティング効果を髪の毛に活かすことができるという理由からシャンプーに使われるようになりました。

シリコンは髪の毛のコーティング効果を持っている

もともと、市販の安いシャンプーには、石油系の界面活性剤や、高級アルコール系のシャンプーにはラウレス硫酸Naという洗浄成分が使用されているのですが、どの成分も洗浄力がとても強く、これらの成分だけでは洗い上がりの髪の毛がキシキシしてしまうので、そのきしみを改善させるためにシリコンが配合されるようになったというのが、シリコンを配合するきっかけとなったようです。シャンプーにシリコンを配合した理由を知ると、シリコンは髪の毛にとって欠かすことのできない成分なのではと思ってしまいます。

シリコンは頭皮や髪の毛の内部に悪影響を与える?!

ところが、シリコンが含まれているシャンプーを使用するとシリコンの特徴でもあるコーティング効果によって頭皮の毛穴が塞がれてしまったり、髪の毛の内部に必要な栄養素が届かなくなったりとデメリットともいえるような現象が起こってしまうのため、シャンプーにシリコンは必要はないという動きが活発化しているのです。ただし、シリコンを配合しないことによって、泡立ちや洗いあがりが使い心地の悪いものになってしまうことも多いので、女性を中心に人気となってはいても、使いづらいということから使わなくなってしまっている人がいるのも事実です。
しかし、シリコンが配合されないことによって、どのような効果を得ることができるのかと言われると抜け毛が増えてしまうとか、薄毛が進行してしまうという問題もないのでノンシリコンシャンプーなら、抜け毛がおさまったり、薄毛の症状が軽減されるなどの効果はそれほど感じることはないようです。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ