更年期の女性の薄毛の症状とシャンプー対策

どんな女性でも40代を過ぎたあたりから更年期と言われる症状が現れてきます。とは言っても、その人の体質や環境などによって自覚する症状には個人差がとても大きく誰しもツライ症状を発症してしまうということではないようです。

抜け毛や薄毛の症状として現れる更年期

更年期の女性は体調不良という形で現れてしまう他にも、抜け毛や薄毛の症状が現れて悩んでしまうという人も増えているようです。深刻に悩むくらいの症状になってしまう人もいれば、何となく髪が細くなってきたなという程度の人もいたりと、何らかの髪の悩みを抱えてしまうようです。更年期の女性の薄毛の症状は、ある一部分が薄くはげてきてしまうというのではなく髪の毛全体が薄くなってきていると感じてしまうようで、今までとは違うボリューム感のなさに愕然としたり、鏡で自分の髪を見た時に、分け目の地肌がはっきりと目立ってしまうなど切なくなってしまいます。

女性ホルモンの急激な現象

女性の薄毛の原因となっている更年期には、女性ホルモンのひとつエストロゲンと言われるものが急激に減少してしまうことで起こってしまうので、女性独特の老化現象のひとつとしてある程度は、受け止めていく必要があるかもしれません。
更年期に抜け毛や薄毛の症状を起こしてしまうことを、更年期型脱毛症という風に呼ばれたり、びまん性脱毛症と呼ばれたりします。
女性ホルモンが減少してしまうというのは、誰でもある一定の年齢に到達してしまえば仕方のないことではありますが、自分の髪の毛の薄さにストレスを感じたりするとさらに症状が悪化してしまったり、他の更年期の症状が現れたりしてしまうこともあるので更年期の女性の薄毛の症状に合わせたシャンプーなどを選んでケアしていくようにすると良いと思います。

早めに予防をしよう

女性用のシャンプーを選ぶ時には、界面活性剤などが配合されておらず、アミノ酸系のお肌に優しいタイプのシャンプーを使用するようにすると、少しずつでも薄毛の症状は改善してくると思います。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ