女性なのに薄毛!?気にしすぎて自己嫌悪になる・・・

薄毛は自己責任ではないことが多い

薄毛は男性だけに起こるもの、と言う認識が多く、女性でありながら若くして薄毛になってしまうと非常にショックも大きいものです。
ではなぜ薄毛になってしまうのかと言うと、これは男性と女性で原因が違います。
男性の場合は皮脂の分泌良の多さや男性ホルモンの影響が大きいのですが、女性の場合は女性ホルモンが減少することが大きな原因です。
女性ホルモンの分泌量が減ると薄毛が生じやすくなる、ということです。

女性にも少なからず男性ホルモンが分泌されているのですが、女性ホルモンが減り、男性ホルモンが優位になると女性も薄毛が始まります。
その原因はストレスや喫煙、紫外線など様々ですが、もっとも大きいのは加齢です。
女性ホルモンの分泌量は28歳をピークにどんどん減っていきます。
40代、50代に入ると20代の分泌量よりも圧倒的に少なくなり、閉経すればさらに減ってしまうのです。
これは女性特有の生理のために起こる現象です。
年齢とともに毛根を育てるための細胞の元気が減ってしまう、頭皮が硬くなって血行が悪くなってしまう、紫外線のダメージを受けてしまうといったことが重なることで、女性の薄毛はどんどん進行してしまうのです。

自己嫌悪に陥ることで余計に悪化する場合も

薄毛が進行してしまうと自己嫌悪に陥る女性がいます。
もっとちゃんと生活習慣を規則正しくしていれば、栄養を十分取っていれば、タバコを吸わなければなど、様々な考えがめぐり、ひどい人は欝のようになってしまいます。
ですが女性の薄毛の場合、女性ホルモンの減少以外の原因はいろいろな要因が重なって起こると言われていますので、ただ一つの行動が薄毛につながるとは考えにくいのです。
病気や産後などによって薄毛になると言う場合を除き、女性の薄毛は女性が自分で気にするほど原因は大きくありません。
それよりも大切なことは、薄毛を放っておかず、増毛するためにどうするか考えることです。
薄毛に気付いたから、まずは増毛方法を考えてみませんか。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ