40代から髪の毛が薄くなって頭皮が透けてきた!?

気がついてみると、なんとなく頭皮が薄い、もしかして透けてきている。とてもショックなことですが、40代からの女性の多くがこのような現実にぶつかっています。シミ、しわ、たるみなどの肌トラブルと同様に、自分では気がつかないうちに薄毛はかなり進行していることが多いのです。40代からの薄毛の特徴や原因、対処方法などをご紹介しましょう。

40代からの薄毛の原因は・・

20代、30代の若い女性でも薄毛で困っている人が多いですが、この年代では、ストレスやダイエットが大きく影響しています。しかし40代からの薄毛には、女性ホルモンのエストロゲンが大きく関わっています。このエストロゲンには、髪の健康と大きな関わりがあり、エストロゲンが減少してしまうと、ヘアサイクルが乱れてしまい、元気な髪の毛が生えにくい状態になります。エストロゲンの分泌量は、20代後半をピークとして、年齢とともに減少していきます。更年期にさしかかるのが40代ですから、エストロゲンの分泌量も極端に減少していく時期です。

髪自体がやせ細ってきたり、1つの毛穴から生える髪の本数が減少するようになります。男性の薄毛と違うのは、女性の場合、頭髪全体が薄くなっていくということです。頭皮、地肌が透けるようになるのは、女性特有の脱毛症で、びまん性脱毛症や女性形脱毛症などと呼ばれています。

40代からの薄毛対策

体内で分泌されるエストロゲンの量をどうすることもできませんが、40代からの薄毛でも毎日の生活のなかで改善出来る方法があります。まず第一に十分に身体を休めることが大切です。エストロゲンが減少すると同時に、育児や仕事などのストレスがとても多い年代でもあるので、十分な休息が身体も髪の毛も守ることにつながるのです。
またお肌と同様に髪の毛にとっても、夜の10時から深夜2時までの時間がゴールデンタイムです。この時間帯はもっとも成長ホルモンが分泌される時間ですから、健康な髪と頭皮のためには、この時間帯に睡眠を取るのがおススメです。他にもミネラルやビタミンの多いバランスの取れた食事や、低刺激で頭皮や髪にやさしいアミノ酸シャンプーなどを利用するのもおススメです。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ