仕事のストレスで頭に円形脱毛症が出来た・・・

円形脱毛症の原因は?

円形脱毛症の症状を見たことがあるという女性も多いと思います。
実はこの円形脱毛症は一般的な脱毛や薄毛とは違います。
ではなぜ円形脱毛症は起こるのかというと、ほとんどの方がストレスによってできる、という話を聞いたことがあるでしょう。
仕事のストレス、なれない新しい環境、人間関係など、様々な要因があるとされています。

確かに円形脱毛症の大きな原因は溜まったストレスです。
ではなぜストレスが10円ハゲや500円ハゲと呼ばれるような円形脱毛症を引き起こすのでしょうか。
実はストレスが体にかかると、体の免疫力が失われてしまいますし、円形脱毛症の原因は自己免疫力が乱れることであり、自己免疫疾患の一つとされています。
以前は精神的なストレスが大きな原因とされていたのですが、ストレスから起こる事故免疫力の低下と最近は言われています。
その因果関係はまだはっきりしていないことも多いのですが、有料情報としてはストレスによって何らかの反応が自己免疫のほうへ影響しているのではないかとされています。

円形脱毛症になってしまったら

実は円形脱毛症は自然と治る病気です。
ですから円形脱毛症になって抜け毛が発生しても、毛包があるため発毛は十分可能です。
円形脱毛症はいくつか種類があり、単発型や多発型、多発融合型、全頭型に凡発型があります。
この中でもっとも知られているのは突然円形状の脱毛ができる単発型で、この単発型の場合は6割が自然と治りますが、多発型などに移行していくこともあります。

円形脱毛症になってしまったら、病院できちんと治療を受けることが大切です。
脱毛の範囲が狭ければ治療期間も短くて済みますが、範囲が広い場合は根気良く治療することが大切で、途中でやめるとさらに脱毛は広がってしまいます。
特に円形脱毛症の発症率は15歳以下が25%、30歳以下で82%と高くなっています。
また女性の場合は生理、出産などにより悪化することもあれば治ることもありますので、もしかしたら、と思ったらすぐに治療を考えましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ