薄毛の悩みを誰にも言えず隠し続けた女性の末路

「私は大丈夫」という思い込みが危険

女性が薄毛になると外見が気になり始め、コンプレックスを抱くようになります。
特に30代の女性でも薄毛になる可能性が非常に高いため、まだ若いのに薄毛なってしまった、と言う場合は非常に強いコンプレックスとなり、何とか隠そうとするものです。

「まだ若いからこれ以上薄毛が進行する心配はない」
そう思う人も多いのですが、実はこの考え自体が間違いです。

女性の薄毛はスピードこそ緩やかではありますが、確実に進んでいきます。
気がついたときには頭皮全体が見えてしまうほど薄くなっていた、と言うこともありえるのです。

女性の薄毛は頭頂部から始まるパターンと、髪の毛全体が薄くなるパターンに大体分けられていますが、頭頂部の薄毛は最も気づきにくく、気がついたときに頭皮が見えるようになっていた、それを隠すためにウィッグや帽子などをつけていたらますますひどくなっていたと言うパターンがもっとも多いのです。

まずは「髪の毛が薄くなってきた原因」を究明しよう

薄毛はクリニックなどでの治療なしに治ることはありません。
ですが自宅でケアできる方法もありますので、覚えておくと便利です。
薄毛は勝手に治るから、と思うのではなく、まずはどこに薄毛の原因があるのかはっきりさせ、原因を取り除くことから始めましょう。

女性の薄毛の原因として最も多いのは年齢による女性ホルモンの低下や乱れです。
ですが年齢には誰も逆らえませんから、女性ホルモンだけに視点を置いた場合、この原因を解決するにはクリニックで適切な処置を受けましょう。

そのほかの原因を見てみると、女性ホルモンを抑制し、男性ホルモンを優位にする「ストレス」がありますし、ストレスが原因であればストレスの元を取り除く、無理ならストレスを上手に解消していくことが求められます。

趣味を持ったり音楽を聴くなど、リラックスできる方法を見つけておくのも良いでしょう。

急激にダイエットをした場合も薄毛が進行してしまいます。この場合は栄養バランスが乱れていることが原因であることが多いので、栄養バランスを見直してみましょう。

他にも日焼けや汗、皮脂、肩凝りに頭痛、睡眠不足や喫煙などが原因となっていますので、原因を一つずつ排除していきましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ