シャンプーをしても頭皮がべたべたするのはどうして?

シャンプーしても頭皮がベタベタする原因は?

毎日きちんとシャンプーをしているのに頭皮がべたべたしてしまう、という悩みを持っている女性が多いようです。頭皮がべたべたしていると、どうしてもスタイリングも決まりにくく、きちんとスタイリングをしたとしても、夕方くらいになれば、髪の毛がべたべたしてきて、ぺたんとした髪の毛になってしまいます。頭皮がべたべたする原因は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されていることが原因です。皮脂というと悪者のように感じてしまうのですが、これは頭皮や皮膚にとって必ず必要なものです。汗と皮脂が混ざり合い、皮膚膜を作ります。これが頭皮や肌を守る役割をしてくれ、乾燥や細菌などの外部刺激から守ってくれているのです。

しかし過剰に分泌される皮膚も問題となります。過剰に分泌された皮脂は、毛穴を詰まらせて酸化してしまい、脂漏性皮膚炎などの炎症の原因となります。悪化すれば、頭皮のかゆみや薄毛、抜け毛にもつながるので、早めのケアが大切です。

頭皮がベタべたする人は、シャンプーの見直しを!

頭皮がべたべたしてしまうのは過剰に分泌される皮脂が原因であることが多いのですが、ではどうして皮脂が過剰に分泌されてしまうのでしょうか。まず考えられるのが、毎日行っているシャンプーに問題があります。刺激の強いシャンプー液を使用するのは、皮脂を取り過ぎることになって、これがさらに過剰な皮脂分泌の原因となるのです。皮脂は適度にあるのが正常な状態なのですが、洗浄力の強いシャンプーなどでゴシゴシ洗いをしていると、必要な皮脂までが取り去られてしまうのです。そうなると頭皮を守るために、身体は皮脂を過剰に分泌して、頭皮を守ろうとするのです。

毎日のシャンプーでは、皮脂と汚れはきちんと落とすことが大切ですが、取り過ぎが良くないのです。弱酸性で頭皮に刺激の少ないシャンプーを選ぶことや、頭皮をやさしくマッサージするようにしてシャンプーを行うことが大切です。アミノ酸系のシャンプーなどは、頭皮と髪の毛にやさしい商品なのでおススメです。薄毛にもつながる頭皮のべたべたは、毎日のシャンプーで改善することが出来ますよ。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ