髪の毛を乾かした後の頭皮ケアマッサージは効果あるの?

薄毛や抜け毛に悩む人は、ドライヤーの仕方も見直す必要があります。
ドライヤーは髪を乾かすために必要な物ですが、ドライヤーの熱が頭皮を乾燥させてしまう事もあるので、使い方や温度にも注意してください。

正しいドライヤーの使い方

シャンプー後のドライヤーは、手早く行うのもポイントです。
髪が濡れたままの状態で放置すると髪も傷みやすくなりますし、湿気を好む雑菌が繁殖するので、せっかくシャンプーしても不衛生な状態となってしまいます。
濡れた状態で髪をとかすのもあまりよくないので、タオルで水気を拭き取ったら手早く乾かします。
この時ドライヤーはあまり頭皮に近づけず少し離します。
頭皮が熱いと感じる場合は髪にも相当な熱が加わっているので、負担も大きくダメージを与えてしまいます。
最初は強めでもいいので少し離して全体を乾かし、熱くなった部分は冷風で覚ましながら乾かすとダメージも軽減出来ます。

仕上げと頭皮マッサージ

内側まで完全に乾かす事も大切なので、ブローする時も冷風を活用しましょう。
最初は温風で最後に冷風を当てると内側も蒸れにくくなりますので、完全に乾かしたら最後は頭皮マッサージをしますが、この時育毛剤や頭皮エッセンスを使ってもOKです。
ドライヤー後はどうしても頭皮が乾燥しますので、育毛剤などで潤いや美容成分を補い、頭皮マッサージで血行を促進し代謝を高くしておきます。
こうすれば細胞も活性化するので頭皮の乾燥も防げますし、頭皮環境の改善にもつながります。

シャンプーは朝にするという人もいますが、髪は思っている以上に汚れていますし、そのまま寝てしまうと枕にも雑菌が繁殖するので、不衛生な状態になり頭皮にも悪い影響を与えます。
寝ている間は体のダメージを修復するチャンスなので、夜寝る前にシャンプーをするのが理想で、ドライヤー後の頭皮マッサージは朝も効果的なので、必ずセットにしましょう。
頭皮は血行不良を起こしやすいのですが、頭皮マッサージでこれを予防出来ます。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ