男性ホルモン「テストステロン」を抑えると育毛につながる?

男性の薄毛もホルモンが原因となる事が多いのですが、女性の薄毛にも男性ホルモンが影響すると言われています。

男性ホルモンのテストステロンについて

男性型脱毛症というのがありますが、これも男性ホルモンが関係していて、男性ホルモンが髪の発育と成長を阻害する因子を作り出す要因となるので、抜け毛が増え薄毛が進行します。
男性ですから男性ホルモンも多く、薄毛が進行するとやがてハゲてしまいます。
女性の体の中にも男性ホルモンは存在していますし、薄毛の原因にもなります。
中でも頭部は最も男性ホルモンの影響を受けやすいので、女性の薄毛対策には男性ホルモンのテストステロンを抑える事も大切です。

大まかに見ると薄毛の原因は男性も女性もあまり大差ないように思えますが、女性の方が男性ホルモンの量は少ないので、髪が完全に抜け落ちずに痩せて細くなっていくのです。
ここは男性の薄毛と女性の薄毛の大きな違いですが、男性のホルモンのテストステロンを抑える事で女性の薄毛対策にも効果は期待できます。

男性ホルモンのテストステロンを抑える方法

女性の薄毛の原因も男性ホルモンが関係している事がお分かりいただけたと思いますが、年齢とともに減少する女性ホルモンを補う事も大切です。
女性ホルモンが減ってしまうと男性ホルモンが優位になるので立場が逆転してしまい、薄毛も進行して女性ホルモンの減少をサポートするのも、男性ホルモンを優位にさせない方法です。

この場合は女性ホルモンとよく似ている、大豆イソフラボンを摂取すれば解決できます。
大豆に含まれている成分なので、大豆そのものでもOKですし、大豆を加工した納豆や豆腐、味噌や醤油といった調味料にも含まれます。
大豆イソフラボンを積極的に補い男性ホルモンを抑えることができれば、女性の薄毛の原因も解消できます。
食事からも補えますが、大豆イソフラボンのサプリメントでも代用できますので、自分に合った方法を選んでください。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ