手遅れになる前に!40代で薄毛にならないための頭皮対策

女性は大体50歳前後に閉経を迎えるので、これにより体にも様々な影響が出ます。
更年期障害という大きな問題が待ち構えていますが、症状はだいぶ前から少しずつ現れてきます。

薄毛対策はいつ始めればいいの?

多くの場合40代になると今までよりも老化を感じる事も増えてきます。
早い人は40代で閉経を迎える事もあるので、更年期の対策は前もって取り組む事も大切で、顔のケアを念入りにするのと同じように、頭皮のアンチエイジングも意識してください。
40代に差しかかると抜け毛の悩みを抱える人も多くなります。
これは誰でも経験する事ですが、頭皮のアンチエイジングをしていれば40代になっても薄毛の悩みとは無縁でいられます。
多くの人が40代になってから薄毛になり、慌ててなんとかしようとしますので、もちろんこの段階でも治療は可能ですが、髪が痩せて細くなってしまうとそれを元に戻すには時間がかかります。
薄毛対策は早いほどいいので、20代から始めてもいいくらいです。

頭皮環境を意識する

頭皮の乾燥や毛穴詰まりは抜け毛や薄毛の一番の原因となりますので、肌の潤いが失われると頭皮も同じように乾燥しますし、乾燥した頭皮では健康な髪も育ちません。
年齢だけでなく、ヘアカラー、パーマ、過度のシャンプー、紫外線、間違ったヘアケアは頭皮にダメージを与えてしまいます。
これが蓄積されれば40代になった頃には、頭皮はボロボロになってしまいます。
これでは薄毛になるのも当然でしょうから、手遅れになる前に今日からでもヘアケアを見直してください。
肌と同じで頭皮も正しいケアをすれば良い状態を維持できますし、40代になっても薄毛や抜け毛の悩みはそれほど深刻にはならないはずです。
シャンプーの見直し、生活習慣と食事のみ直しをして、頭皮に負担をかける事を一つずつ解消していきます。
時々は美容院やエステでヘッドスパや毛穴クレンジングなども取り入れながら、頭皮にもアンチエイジングを意識してあげてください。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ