髪の毛を健康的に増やすためにはタンパク質の摂取が大事!

薄毛対策には食事から摂る栄養も大切だと言われていますが、髪に良い物を取り入れるには、髪がどのように作られているかを知れば自ずと結果も見えてきます。

髪に必要な成分

髪は主にタンパク質とアミノ酸で作られていて、髪を丈夫にして抜け毛や薄毛を予防するには、タンパク質とアミノ酸を積極的に取り入れるのが効果的です。
毎日の食事でタンパク質とアミノ酸をバランスよく摂取できていれば、髪の健康も維持できます。
しかし人は年齢とともに老化していくので、食事を食べていてもそれだけでは対処仕切れなくなってしまいます。
特に女性の薄毛は女性ホルモンの減少なども関係してくるので、タンパク質とアミノ酸以外にも必要な成分は増えていきます。
女性の薄毛は髪が抜け落ちるよりも、全体のボリュームが失われるので髪自体がやせ衰えていきますので、これを防ぐためにも髪に必要な成分は毎日続けて摂取する事が大切です。

タンパク質の上手な取り入れ方

タンパク質といえば大豆や卵でも摂取できますが、特に大豆は女性に欠かせない食材です。
植物性のタンパク質なので体にも優しく、何よりも大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンとよく似ているので薄毛予防にも効果的なのです。
もちろん食事は栄養バランスも考える必要があるので、肉や魚等の動物性のタンパク質も欠かせません。
アミノ酸は髪にいいと言われる海藻にも含まれていますが、野菜のアミノ酸も欠かせませんし、野菜にはアミノ酸以外にもビタミンが豊富に含まれるので、野菜も欠かさず食べましょう。
人が健康に過ごすためには1日30品目の食材を取り入れるのが良いと言われていますので、30品目は無理でも出来るだけたくさんの種類を取り入れるように心がけてください。
タンパク質は一度分解してから消化し吸収されるので、消化酵素を増やす野菜や果物も重要です。
効率よく消化されれば吸収率も高まるので、こういった面も考えて食事を見直し薄毛対策に役立ててください。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ