食べて薄毛解消!?女性ホルモンを増やす食べ物とは

薄毛になる原因は性別によって違うのですが、ホルモンが関係している事も多くホルモンバランスは重要だと考えられます。
特に女性は年齢とともに女性ホルモンが減少していくので、これにより様々な影響が出ます。

女性の薄毛と食事について

ホルモンバランスはストレスや生活習慣によっても不安定になりますが、食事である程度改善する事もできます。
女性のホルモンが減る事で薄毛の原因になる場合は、食べ物で女性ホルモンをサポートするのも効果的です。
ただし良いと聞くとそればかり集中して食べようとする人がいますが、栄養バランスの偏りは良くありません。
良いと言われる栄養素や食べ物を取り入れつつ、全体の栄養バランスも考えてメニューを決めてください。

女性ホルモンを増やすのに役立つ食材

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性のホルモンのエストロゲンとよく似た性質を持っています。
このため大豆イソフラボンを積極的に摂取するのは、女性ホルモンのサポート効果が高まり薄毛予防にも役立ちます。
大豆製品は種類も多く、調味料にも使われているので和食を意識していれば自然と摂取できます。
またビタミンB6とビタミンEは、女性ホルモンの生成をサポートする効果が期待できます。
緑茶の中でも煎茶は飲むだけでビタミンEを摂取できますが、大豆イソフラボンと相性のいいビタミンCも含まれているので、毎日お茶を飲みましょう。
女性にも人気のアボカドには豊富な栄養が詰まっていますし、ビタミンEを始めとして理想的な栄養を手軽に摂取できます。
ビタミン以外にもミネラルを取り入れるために、野菜や果物もプラスします。
肉も多少は必要ですが、ビタミンB6が豊富な魚も取り入れましょう。
マグロにはビタミンB6も豊富に含まれますが、疲労回復効果もあるのでおすすめです。

食事は毎食規則正しく食べる事も大切で、薄毛予防のために食事を見直せば、美容にも役立つので女性ならぜひ取り入れたい工夫です。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ