プロペシアを摂取して薄毛を治療!正しい服用の仕方は?

薄毛治療は医療機関で行いますが、プロペシアという薬は飲む育毛剤としてもよく知られています。
プロペシアにはどのような効果があるのかを紹介します。

プロペシアとは?

プロペシアは元々男性の前立腺治療薬として開発されました。
前立腺の病気でプロペシアを服用していた人に、多毛症という副作用が確認された事から、発毛効果が注目され薄毛治療薬として使われるようになりました。
飲む育毛剤という別名を持つほど、薄毛治療には高い効果があると言われています。
ただしプロペシアの効果があるのは男性型脱毛症なので、女性の薄毛には効果がありません。
仮に女性がプロペシアを服用しても薄毛治療効果は期待できませんし、薬の副作用などもあるので安易な服用は避けるべきです。
男性の場合も薬を服用する以上は副作用のリスクについても理解しておく必要がありますが、元々が前立腺の治療薬なので、副作用として勃起不全や性欲減退があると言われています。
副作用が出たとしてもそれほど重篤な症状ではないと言われていますが、リスクは理解しておきましょう。

正しい服用の仕方について

プロペシアは高い効果が期待出来る事もあって、たくさん飲めばそれだけ早く効果が出ると勘違いしてしまう人もいます。
どんな薬もそうですがたくさん飲んでも効果は変わりませんし、過剰摂取は副作用のリスクも高めますし体にも負担をかけるので医師の指示通り服用します。
プロペシアは1日1回の服用なので、それ以上は飲めません。
薬を処方される時には薬に関する説明や注意事項もあるので、必ず守りましょう。
高い効果が期待出来ると言いましたが、薄毛治療は毛周期とも関係しているので時間がかかりますので、これも個人差はありますが、最低でも6ヶ月間は継続した治療が必要になりますし、人によってはもっと時間がかかります。
すぐに効果が出ないからといって薬の服用を中止すると、せっかくの効果も無駄になってしまうので根気も必要です。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ