女性の髪が最も太くなる年齢とピーク後の薄毛の対処方法

最近は食事や生活環境も変わっているので、若い女性にも抜け毛や薄毛の悩みを抱える事も多いといいます。
一般的には女性も40代以降から薄毛や抜け毛の悩みが出始めます。

女性の髪のピークは?

女性の抜け毛はホルモンバランスも関係していますので、女性ホルモン抜きでは考えられないといっていいでしょう。
その証拠にホルモンバランスが変化する生理や妊娠出産では、抜け毛が増える事もあります。
この場合はホルモンバランスが落ち着けば、抜け毛や薄毛も解消されますが、年齢的な原因の場合は何もしなければ薄毛も進行します。
女性ホルモンは卵巣で作られるので、個人差もありますがピークは20代になります。
お肌の曲がり角は25歳と言われていますが、髪のピークも25歳頃までと思っておくとわかりやすいと思います。
ピークを過ぎれば残念ながら下降に向かいます。

ピーク後のヘアケア

30代になるとそろそろ薄毛の事も考えておくといいかもしれません。
女性の薄毛は誰もが通る道ですが、そうなるとわかっていて原因もある程度はっきりしているので対策は可能です。
女性ホルモンが減っていくなら他の形で補えばいいのです。
この場合は大豆イソフラボンが女性ホルモンとよく似ているので、大豆を食事に積極的に取り入れたりサプリメントを飲むのも効果的です。

また頭皮も年齢とともに固く乾燥していくので、頭皮のケアも意識してみましょう。
シャンプーの見直しをして正しいシャンプーの仕方と、正しいドライヤーの仕方を覚え実践します。
頭皮マッサージは誰でもできる簡単な方法ですが、頭皮環境の改善にはとても効果があります。
毎日の頭皮マッサージを習慣にすれば、髪のピークを過ぎても抜け毛や薄毛の予防になります。
後は生活習慣と食事、ストレスをためないようにして、質のいい睡眠を心がけましょう。
女性の髪はピークを過ぎてもしっかりケアすれば、アンチエイジングも出来ますし、頭皮や髪も顔と同じようにケアをすれば十分対処出来ます。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ