抜け毛の毛根で頭皮の健康状態を調べよう!

正常な状態でも人の髪は1日に50本から100本は抜け落ちると言われています。
抜けるタイミングも一度ではなく、シャンプーの時、ブラシやドライヤーを使う時、寝ている間、日常生活を送りながら知らない間に髪が抜け落ちています。

抜け毛の毛根で頭皮環境を予測できる

知らない間に抜け落ちた髪が部屋の床に落ちている事もありますが、こういう時抜け落ちた毛の毛根をよく見てみましょう、正常な抜け毛なら毛根がはっきりとわかるはずです。
毛根らしきものが全く確認できずどちらが毛先かわからない、毛根はかろうじて確認できるが細くなっているというような場合、まだ成長途中の髪が抜け落ちてしまった可能性があります。
髪は毛根の毛母細胞というところで作られ、そこから少しずつ成長して頭皮の外に向けて発毛します。
その後もゆっくりと成長を続けながら最大限に成長すると、成長は止まりますが寿命を迎えるまでは留まりやがて自然に抜け落ちていき、これをヘアサイクルや毛周期といいます。

何らかの原因でヘアサイクルが狂ってしまうと、まだ成長途中の毛が抜け落ちてしまいます。
本来なら抜け落ちてしまっても、再び毛母細胞が髪を作り育みますがサイクルが乱れているので、毛が十分に成長できないままとなりやせ細っていきます。

異常な抜け毛を見つけたら?

もしも抜け毛が増えそのほとんどが異常な抜け毛だった場合は、そのまま放置しておくと抜け毛も増え薄毛が進行します。
この場合は皮膚科や頭皮クリニックに行き、薄毛治療をする事をおすすめします。
自分でなんとかしようと育毛剤を使って対処する人もいますが、頭皮環境が悪化したまま育毛を使ってもほとんど効果は期待できません。
まずは医療機関で頭皮環境を改善しヘアサイクルを正常化させる事が先決です、これは頭皮環境がある程度改善されれば育毛剤を使っても効果を発揮しやすくなるからです。
抜け毛は放置していても治りませんし、進行していくので早めの対策が重要です。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ