シャンプー後の髪の乾かし方で薄毛対策!

皆さんはシャンプー後のドライヤーをどのようにしていますか?
ドライヤーの熱は髪に負担をかけてしまう事もあるので、出来るだけ自然乾燥をしてからドライヤーを使うという人もいます。
ドライヤーも種類がありますし、使い方次第ではメリットになりデメリットになる事もあります。

髪の乾かし方

女性のヘアスタイルにもいろいろありますが、髪が長い人はドライヤーも時間がかかります。
もちろんショートヘアでも毛量が多い人は、乾かすのに意外と時間がかかりますので、つい面倒に感じてしまう事もあります。
外側だけ乾かして満足していませんか?
ドライヤーで髪を乾かす場合は、内側までしっかりと乾かし湿気が残らないようにするのが正しい髪の乾かし方です。
というのも頭皮は皮脂の分泌量が多い部分ですので、髪を完全に乾かさず放置すると湿気と皮脂で雑菌が繁殖し不衛生な状態になります。
このまま寝ると枕にも雑菌が繁殖するので、常に不衛生な状態となり頭皮環境も悪化します。
乾かし残しは頭皮の肌荒れやトラブルを引き起こす原因となり薄毛を悪化させますので、髪は内側まで完全に乾かすように徹底しましょう。

ドライヤーの温度にも注意して!

シャンプー後に髪をドライヤーで乾かす場合には、タオルである程度水気を吸い取っておきます。
この時ゴシゴシと強くこすらずタオルを髪に優しくあてる程度にします。
髪が濡れているときに強い刺激を与えると、枝毛や切れ毛の原因になるのでブラシやくしの多様も控えましょう。
ある程度タオルドライで水気を吸い取ったら、少し髪から離した位置で温風を使い大まかな水気を飛ばします。
内側まで乾燥させたら髪が熱くなりすぎないように、弱と冷風をうまく使いわけながらブローします。
この時髪をブロック分けしておくと乾かしやすく、内側もしっかり乾燥出来ます。
ブローする時は髪の根元から立ち上げるようにすると、ボリュームが出るので薄毛もカバー出来ます。
冷風を最後に使うと髪にツヤも出るのでぜひお試し下さい。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ