髪を伸ばして隠す!?円形脱毛になった女性の対処法

ある時鏡を見ながらドライヤーで髪を乾かしていると、髪の内側に肌色のものが見えたのでよく見てみると円形に髪が抜け落ち禿げていた、円形脱毛症を発見する時によくある光景です。
人にとっては後頭部に円形脱毛症が出来ていたので、自分では気づかず人に指摘されて初めて気づくという事もあります。

円形脱毛症になってしまったら?

円形脱毛症の原因はその多くがストレスです。
これは誰にでも起こりうる事ですし、人によっては1箇所ではなく数箇所に円形脱毛症ができる事もあります。
大きさも人による違いはありますが10円玉程度の大きさなので、それだけの髪が一気に抜け落ちるのだから気づきそうなものですが、これが意外と気づかないものなのです。
希にストレス以外の原因もありますが、多くの場合原因を解消すれば特に治療をしなくても、時間が経過すれば再び髪は生えてきます。
心配な場合は皮膚科に行けば、外用薬を処方してもらえるのでそれを使いながら髪が生えるのを待ちます。

円形脱毛症を隠す方法

時間が経過すれば髪も生えてきますが、1日や2日でフサフサになる事はありません。
髪が生えるまでにはある程度時間もかかるので、それまでの間は隠しておきたくなります。
円形脱毛症ができる場所にもよりますが、ある程度髪が長ければそのままでも目立ちません。
女性でもショートヘアの人は目立ってしまう可能性もありますが、髪で隠せる範囲なら特に何もせずに様子をみましょう。
髪が生えてくるまでには時間もかかりますので、その間髪を伸ばして隠す事もできますので発毛を促すために、頭皮マッサージをするのも効果的だと言われています。
円形脱毛症が多発型の場合、髪を伸ばしても隠しきれない事がありますが、こういう場合は髪が生えてくるまで、カツラやウィッグで隠すという方法もあります。
ただし円形脱毛症は再発する可能性も高いので、髪が生えてからも出来るだけストレスをためないようにする工夫は続けたほうがいいと思います。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ