女性の若年性脱毛症が増えている原因について

女性の若年性脱毛症とはどのような症状か?

女性に起きる若年性脱毛症とは、男性に起きる症状とは異なり髪全体のボリュームがダウンするという特徴を持っています。

10代や20代、30代といった若い年齢から脱毛症が始まることを若年性脱毛症と呼んでいますが、特定の疾患の名称ではないので原因には様々なことが考えられます。老化が始まっていない時期から毛母細胞がしっかりとした髪を生やすサイクルをキープできなくなる状態が若年性脱毛症とされ、男性の場合には前頭部分や頭頂部分に薄毛が生じることがあります。

女性の若年性脱毛症は部分的に髪が薄くなるということは少ないのですが、全体的なボリュームダウンに加えて髪の分け目やつむじが目立つようになる特徴を持っています。

女性の若年性脱毛症の原因について

原因として考えられることは、女性の多くが取り組むことがあるダイエットのしすぎが挙げられるため、無理な食事制限をすることと若年性脱毛症の関係が指摘されています。食事制限を過剰に行った場合には栄養不足が起きてしまい、頭皮や髪に栄養が届かなくなるほか、女性ホルモンのバランスの乱れが起こります。
ホルモンのバランスの乱れが起きると、エストロゲンという髪の成長期を維持するため女性ホルモンにも悪影響が出てしまい、若年性脱毛症を引き起こす原因となってしまうことが考えられています。

また、日常的に行うヘアケアが間違っていることも女性の若年性脱毛症の原因になることがあるため注意しておく必要があります。洗浄力の高いシャンプーを使って必要以上に皮脂を洗い流してしまうことや、爪を立ててシャンプーをしてしまうと、頭皮にダメージを与える結果となってしまいます。さらにコンディショナーなどが頭皮に付着すると毛穴がふさがることがあるため、正常に髪が生えなくなることがあり、若年性脱毛症を引き起こす原因となることが考えられています。食生活などの生活習慣を整えることのほかに、正しいヘアケアの方法を身につけることも若年性脱毛症の改善方法となります。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ