若いうちからタバコを吸いすぎると女性でも薄毛になる?

血行不良を起こすことからタバコが薄毛の原因に

近年は女性でもタバコを吸う人が増えてきましたが、実は喫煙と薄毛には関係があると言われています。タバコを習慣的に吸ってタバコに含まれているニコチンを摂取すると、毛細血管が収縮して血行が悪くなるという特徴があるのですが、このことが薄毛の原因と密接な関係を持っているとされています。

頭皮や髪が必要としている栄養が届かなくなってしまい、髪の発育に悪影響を与えてしまうため、タバコを吸っている女性は吸っていない女性に比べて薄毛になりやすいのです。また、タバコを吸っていると慢性の酸欠状態になってしまうこともあり、体の中の善玉コレステロールも減少してしまいます。このことでも酸素が頭皮に届かないということが発生してしまい、薄毛や抜け毛のほか、白髪などの原因になることが考えられます。

栄養を減少させることも薄毛の原因になる

タバコは様々な栄養を体から減少させてしまう特徴を持っているので、美容や健康に気を使う女性は控えるかやめるようにした方がよいでしょう。

減少してしまう栄養素はビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビオチンといったものが挙げられます。

たとえばビタミンB12が減少し、不足してしまうと貧血や息切れ、視力低下の症状が現れてきます。ビタミンCやビタミンEはタバコを吸うことで大量に消費されることが知られている栄養で、不足すると頭痛、肩コリ、冷えなどが起きます。冷えが起きると血行不良を招き、頭皮や髪に栄養が届かなくなる状態が引き起こされ薄毛になることがあるため注意が必要です。ビオチンが不足した場合には脱毛や白髪になりやすく、肌にも悪影響が出るとされているため、気をつけなければいけません。

女性が若いうちからタバコを吸っていると、冷えを起こしやすい体質になってしまうだけでなく、栄養が不足しやすい体になって薄毛の原因となる可能性が高くなることが考えられます。急に禁煙することはかえってストレスになって薄毛にはよくないため、まずはタバコの本数を少なくすることから始めてみてはいかがでしょうか?


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ