男性と女性の薄毛の症状の主な違いについて

女性と男性の薄毛の違いとは?

女性と男性の薄毛の最大の違いは、薄毛の起き方だと考えられます。男性の薄毛というと、一般的に髪が一部分ばっさりとなくなってしまうハゲた状態を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
それに対して女性の薄毛はどちらかというと全体的に髪が薄くなり、ボリュームが落ちてしまうというイメージが強くあります。このことが女性と男性の薄毛の大きな違いだと考えられており、つまり、薄毛の進行の仕方そのものに男女での違いがあるということが挙げられるのです。

男性の薄毛は前頭部分や頭頂部分に起きやすく、頭皮が完全に見えるようになることが特徴的ですが、女性にはこの症状は見られません。女性の場合には頭部全体の髪が薄毛を引き起こし、分け目やつむじが目立つようになってくることが特徴だと言われています。
また、男性の薄毛の原因は男性ホルモンの働きによる髪の成長の阻害が大きいのですが、女性の場合には女性ホルモンが減少して髪の生長期間をキープできなくなるという違いもあります。女性ホルモンが減少した場合、それまで毛穴から複数本出ていた髪が1本から2本に減ってしまうことなどが起きるため、薄毛になってしまうのです。もちろん、男女共に共通している薄毛の原因もあり、食生活や生活習慣が乱れていたり、ストレスが溜まることなどで薄毛の症状を引き起こすことも考えられます。

薄毛の対策をしたい女性のために

女性の薄毛への対策を考える場合には、まず原因をはっきりさせることが大切です。もしも年齢を重ねたことで女性ホルモンが減少しているということなら、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることがわかっている大豆イソフラボンを摂取するように、豆腐な納豆、味噌、醤油などを取り入れる食事に切り替えてみましょう。そのほかにも食事の内容を見直すことは大切となりますし、睡眠不足や疲労の蓄積、ストレスの蓄積などが起きないように生活習慣を整えることも女性の薄毛対策にはとても大切なことだとされています。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ