睡眠不足は女性の脱毛を促進させる!?

睡眠不足が女性の薄毛の原因に?

薄毛になってしまうのは、毛母細胞という髪を作る細胞の働きが弱ってしまうことと関連があると言われていて、睡眠不足とも密接に関わっていると考えられています。毛母細胞をしっかりと働かせるためには、睡眠不足になってしまうことは避けたいことなのです。

なぜなら、睡眠を取っている時に分泌される成長ホルモンが毛母細胞の働きを活発にさせるということがわかっているからです。つまり、睡眠不足が原因となって成長ホルモンがしっかりと分泌されていなければ、女性に限らず男性も薄毛になってしまうことがあるというわけです。
成長ホルモンの不足は薄毛だけでなく、抜け毛や髪が細くなるといった様々なトラブルを起こすほか、美容や健康にとっても悪い影響を与えてしまいます。夜更かしをしがちな人は薄毛対策をするためにも、少しずつでよいので早く眠るように心がけて成長ホルモンの分泌を促すことを意識してみましょう。

薄毛にならないための睡眠の取り方をチェック

薄毛にならないためには、成長ホルモンをしっかりと分泌させることが大切だと言われていますが、どのような睡眠を取れば女性の薄毛への対策ができるのでしょうか?実は睡眠中でも成長ホルモンは22時から2時までがもっとも活発に分泌されると言われています。
ただ、最近では睡眠後2時間くらいから多くなることがあり、時間帯は関係ないという説も出てきているので、睡眠と成長ホルモンの関係にはまだまだ未知の部分もあるようです。
しかし、どちらの説にしても睡眠をしっかりと取ることが成長ホルモンの分泌を促すことにつながると考えられていて、成長ホルモンによって毛母細胞が働くようになれば、女性だけでなく男性の薄毛にも効果が期待できると言われています。一時的に睡眠不足が解消しても薄毛の問題は改善されないため、毎日しっかりと睡眠を取る習慣をつけて、睡眠不足が起きないように規則正しく生活することが大切です。忙しい生活をしている人が多い現代社会ですが、できるだけ睡眠はしっかりと取るようにしてください。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ