産後は女性ホルモンのバランスが崩れて産後脱毛になる?

女性に産後脱毛が起きる原因、仕組みについて

女性ならではの抜け毛の症状として、産後脱毛症と呼ばれる出産後に一時的に起きるものがあり、出産を経験した多くの女性が産後脱毛症の悩みを抱えると言われています。産後脱毛症は出産後にしばらくしてから、突然抜け毛が激しくなってくるという症状を持っていることが特徴で、髪全体が細くなることもあります。髪の一部分が脱毛してしまうタイプではなく、全体的に髪が細くなって脱毛するタイプだと考えられおり、多い場合には髪の全体の20%もの脱毛があると言われています。

女性に起きる産後脱毛症は、妊娠、出産したことでの女性ホルモンの分泌量の変化が原因だと考えられています。
妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロンが大量に分泌され、妊娠状態をキープし、体温を上昇させるのですが、プロゲステロンは髪の成長をうながすという効果も持っています。しかし、出産をするとプロゲステロンの分泌は通常の量に戻るため、妊娠中に成長し続けていた髪が抜けるようになってしまい、産後脱毛症が引き起こされてしまいます。

産後脱毛を改善させるためには?

女性の産後に起きる産後脱毛症はどのようにすれば治るのか、非常に気になるものですが、実は根本的な治療方法は存在していません。プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が正常に戻り、体の状態も通常になれば、自然と産後脱毛症は改善されると考えられています。つまり、産後脱毛症は一過性の脱毛症ということで、専門的な治療を必要としないと判断されているのです。ストレスなどを溜め込まないためにも、産後脱毛症を気にしすぎないようにして過ごしましょう。
ただし、注意しておかなければならないこととして挙げられるのが、1年以上過ぎても脱毛の症状が落ち着かないという場合には、産後脱毛症ではなく、ほかのことが原因での脱毛症の可能性があることです。女性の産後脱毛症ではなく、ストレス性脱毛症である場合も考えられるため、頭皮の痛みなどを感じる場合にも医療機関で診てもらうようにしてください。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ