パソコンから出るブルーライトを浴び続けると薄毛になる!?

女性の薄毛の原因とブルーライトの関係とは?

薄毛で悩む女性はパソコンを使ったデスクワークやスマートフォンの操作を長時間行っている傾向が強いと言われることがあり、パソコンやスマートフォンのブルーライトと薄毛との関係が注目されています。

ブルーライトとは一般的には目に悪いと言われることが多いもので、目の疲れの原因となり眼精疲労を引き起こすことがあると考えられています。

また、首や肩のコリを起こすこともあるブルーライトは、目をはじめ首や肩などの血行を悪くしてしまうという健康への悪影響を持っているともされています。この血行不良という点が頭皮の環境を悪くしてしまうことから、女性の薄毛の原因になってしまうことがあるため、パソコンやスマートフォンのブルーライトには注意しておく必要があると言われています。

長時間パソコンやスマートフォンを操作しなくてはならないという人は、専用のメガネを使うなどの対策を行いましょう。

ブルーライトが及ぼす髪の毛へのダメージ

ブルーライトがどのように薄毛の原因になってしまうのかを詳しく見ていくと、目や肩の疲れを引き起こすとされる血行不良との関係が深いと考えられます。女性の薄毛の原因として頭皮の血行不良が挙げられるのですが、これに関連して、ブルーライトを浴びると髪が育たなくなったり成長が悪くなるなどの悪影響が起きることがわかっています。

さらにパソコンやスマートフォンを操作してブルーライトを浴びてしまうと、眠気を誘う物質とも呼ばれる脳内ホルモンのメラトニンの生成が抑制されてしまうとされています。メラトニンの不足が原因で夜にぐっすりと眠れず、睡眠不足になってしまうと髪を生やす毛母細胞の修復などが間に合わずに、薄毛になりやすくなるのです。

女性にとって睡眠は肌の調子を整えるためにも大切にしたいものですが、薄毛の予防改善のためにも十分に取る必要があるものだというわけです。ブルーライトは眠る2時間くらい前からは浴びないように注意して、ぐっすりと眠ることができる環境づくりをしましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ