ドライヤー・お風呂上りと女性の髪の毛の抜け毛・薄毛の原因と傾向

正しい髪の乾かし方が抜け毛、薄毛を防ぐ

女性の抜け毛や薄毛の対策のためには、お風呂上がりにしっかりと髪を乾かす必要があり、自然乾燥させることはできれば避けた方がよいとされています。

自然乾燥ではどうしても乾くまでに時間がかかってしまい、もしもそのまま寝てしまうようなことがあった場合には、髪の毛が摩擦で傷むだけでなく、頭皮に雑菌が繁殖して抜け毛や薄毛の原因になることが考えられます。女性の抜け毛や薄毛の原因を作らないためにも、お風呂上がりにはタオルドライと共にドライヤーを使って髪を乾かすようにしておきましょう。

ただし、タオルドライの方法やドライヤーの仕方を間違えてしまうと、かえって頭皮の状態が悪くなってしまうことがあり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうと言われています。

お風呂上がりにはドライヤーで髪を乾かそう

抜け毛や薄毛の対策のためには、お風呂上がりにしっかりとタオルドライやドライヤーで髪を乾かすことが大切とされるので、方法をチェックしておきましょう。タオルドライの方法はゴシゴシと頭皮や髪をこするのではなく、ポンポンと軽く叩くように押さえることがポイントとなります。
ある程度の水分をタオルで取ったら、ドライヤーで乾かすようにしていきますが、あまり熱い温度の風を当ててしまうと頭皮を傷める原因になるので注意してください。頭皮が熱くなりすぎないためにも、ドライヤーは20㎝は離して使うことや、時々冷風にしながら使うことをおすすめします。
お風呂上がりに髪を乾かす時、ロングヘアーの女性などは非常に時間がかかってしまうことがあると思われます。しかし、実は髪は完全に乾かさなくてもよいと言われていて、水分を完全に乾かさないようなドライヤーの使い方をマスターすることも必要です。
完全に水分をなくすように髪を乾かしてしまうと、頭皮が乾燥しすぎたり、髪の内部のタンパク質が固まってしまって弾力性が失われることがあると言われています。女性の抜け毛や薄毛のためにも、ドライヤーの使い方はきちんと知っておきたいものです。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ