食事?睡眠?女性が急に薄毛になりだす原因とは

女性の薄毛が食事から起きる原因とは

食生活や睡眠不足といった生活習慣の基本が乱れていることが、女性の薄毛の原因になると言われることがありますが、どのような仕組みで薄毛が引き起こされるのでしょうか?

食事が不規則であったり、栄養のバランスが偏っていると体の様々な部分に悪影響が出てくるとされています。頭皮や髪に十分な栄養が届かなくなることが主な原因とされていますが、ほかにも動物性タンパク質を多く摂っていることも関係すると考えられています。

動物性タンパク質はコレステロールを増やし、血管を細くしてしまう恐れがあるため血行不良を起こす可能性があるほか、皮脂を過剰に分泌させて、毛穴をつまらせることがあり、薄毛の原因になってしまうのです。

レトルト食品やインスタント食品ばかりに頼らず、野菜や良質なタンパク質など、栄養のバランスがよい食事をすることで女性の薄毛を予防改善できると考えられています。

女性の薄毛が睡眠不足から起きる原因とは

睡眠不足が続いてしまうことでも女性の薄毛の問題が起きてしまうと言われているため、夜更かしをせずにできるだけしっかりと眠るようにしておきましょう。薄毛が睡眠不足によって引き起こされることには成長ホルモンの分泌が大きく関わっていると考えられています。成長ホルモンには髪を成長させる作用があるのですが、活発に分泌されるのは眠っている時だという特徴を持っていることから、十分に睡眠を取らないと成長ホルモンが不足してしまい、薄毛の問題が引き起こされてしまうのです。
しかも、ただ長時間眠ればよいのかと言えばそうではなく、規則正しく質のよい睡眠を取ることがポイントだとされています。成長ホルモンが活発に分泌されるような睡眠サイクルを整えることで、薄毛を予防改善させることができるとされているので、普段から夜更かしをしがちな人や睡眠が足りていないと感じている人は生活を見直してみましょう。食事から摂る栄養と共に睡眠について見直すことで、女性の薄毛や抜け毛、切れ毛などの髪のトラブルに対してのケアができると考えられています。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ