中年女性は注意!加齢による脱毛の原因と対処法

加齢はどのようにして女性の脱毛を起こすのか?

女性に起きる薄毛や脱毛は加齢で女性ホルモンのエストロゲンが減少することと関係が深いと言われています。エストロゲンは卵巣で作られる女性ホルモンの1種で、髪を成長させるために重要な働きをするものです。髪の成長期をキープさせる働きがあるため、エストロゲンが不足すると十分に髪が育たなくなってしまい、女性の薄毛の原因になってしまうのです。

女性に脱毛が起きるというケースは、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの分泌が減少することで、男性ホルモンの比率が高くなってしまうことが原因となっていることが多く見られます。男性ホルモンの働きが強くなってしまうと、女性でも男性型脱毛症というタイプの脱毛を起こすことがあるので注意しておきましょう。ただし、女性が男性型脱毛症を起こした場合には、男性のように前頭部分や頭頂部分だけが薄毛になったり脱毛したりすることは少ないと言われています。

女性の加齢による脱毛への対処法をチェックしよう

加齢によって起きる女性の薄毛や脱毛の症状への対処法でもっとも大切だと考えられるのは、女性ホルモンのバランスを整える生活をすることです。女性ホルモンの減少は加齢によってどうしても起きてくるものですが、なるべく穏やかに減少するように生活を工夫することや、ストレスの蓄積や睡眠不足が続かないように規則正しく生活することが大切です。
食事の内容を栄養バランスのよいものにしていくことも加齢が進んでいる女性の髪にはとても大切なことなので、タンパク質やビタミン、ミネラルなどをしっかりと摂ることができるようにメニューを考えましょう。
また、使っているシャンプーが頭皮や髪に影響を与えていないかを見直すことも重要です。シャンプーは低刺激のアミノ酸系のものを使うと、頭皮への刺激を抑えられるので、薄毛や脱毛への対処法として取り入れてみてください。このように毎日の生活を少しずつ変えていくことで、加齢による薄毛や脱毛への対処ができると考えられています。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ