私も母のように薄毛で悩んでいる。これって遺伝が原因?

女性の薄毛の原因は遺伝する?

薄毛は遺伝で起きることがわかっている症状ですが、これは一般的に男性の薄毛に当てはまることだと言われています。しかし、遺伝は男女ともに起きるものなので、当然女性にも遺伝による薄毛は存在すると考えられます。男性の場合には女性よりも薄毛の影響が遺伝から起きることが大きいとされているため、遺伝による薄毛が女性よりも目立つように感じるのです。

薄毛は必ず遺伝で起きるというものではなく、血縁者に薄毛の人がいても影響を受けないという場合もあり、これは薄毛そのものが遺伝するというよりも薄毛になりやすい体質が遺伝するのではないかと考えられています。また、父方の遺伝子よりも母方の遺伝子から薄毛に関係する遺伝子が受け継がれることが8割なので、遺伝での薄毛のチェックをしたいという時には、母方の血縁者について調べるとわかりやすいと思われます。

母親から遺伝するのは薄毛になる体質

女性の薄毛の原因となるもののひとつには、男性ホルモンの分泌が挙げられるのですが、男性ホルモンの分泌と遺伝は関係が深く、これが薄毛が遺伝すると言われることにつながるとも考えられています。男性ホルモンの分泌状態によって、ホルモンの作用での薄毛、抜け毛といったトラブルが起きやすくなることがあるのです。
また、女性ホルモンを含めたホルモンバランスそのものが乱れやすい体質が遺伝してしまうことも女性の薄毛の原因になることがあります。
同様に冷え性などの体質の遺伝も血行不良を起こしやすくなることから、頭皮や髪に十分な栄養が届かなくなってしまい、薄毛を引き起こしてしまうことが考えられます。ホルモンバランスについては、遺伝だけの問題ではなく生活習慣や食生活が関係することもあるため、規則正しい生活を送るように気をつけましょう。
冷えも入浴方法の工夫などをすることで解消できることがあるので試してみてください。遺伝で薄毛になりやすい体質であったとしても、生活環境や頭皮の環境を整えることで薄毛の予防対策を行うことは可能です。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ