日傘も差さず放射線を浴び続けると薄毛の原因になる!?

薄毛は放射線が原因で起きることがあるもの?

女性に限らず、薄毛が起きる原因のひとつとされるものに放射線が取り上げられることがあり、これは日常生活とも密接な関わりがあると考えられています。放射線は日傘などで遮ったり、検出される場所に近づかないようにすること、浴びる時間を短くすることなどの工夫をすることで健康に悪影響を与えないようにする必要があるものです。

しかし、なぜ放射線が薄毛の原因になるのかをはっきりと知っている人は少ないのではないでしょうか?
放射線は女性だけに影響を与えるわけではなく、男性の薄毛の原因にもなるもので、浴びることで体内に活性酸素を作ってしまう特徴を持っています。日常生活の様々な場面で体の中に増えていく活性酸素という有害物質は、放射線を浴びることでも増加してしまいます。
活性酸素が体内に増加してしまった場合、抗酸化作用があるアミノ酸が除去しようと働くため髪に必要とされる分のアミノ酸が欠乏して薄毛が起きてしまいます。また、活性酸素そのものが毛母細胞にダメージを与えたり、皮脂の酸化をうながして毛穴をつまらせることで頭皮環境を悪くし、薄毛の原因を作ってしまうのです。

内部被ばくへの対策を考えて薄毛を予防しよう

放射線が原因となって薄毛が起きる仕組みには活性酸素が関係していることがわかっていますが、放射線は浴びることへの対策だけをしていればよいというものではありません。内部被ばくに対してよく考えて放射線が体の中に溜まらないようにし、薄毛やほかの健康被害が起きないように注意しておかなければいけません。

現在販売されている食品は、国が設けている放射線の基準をクリアしているものなので食べることに問題はありませんが、心配だという場合には野菜などをよく洗うことをおすすめします。肉や魚も塩水にさらしたり、ゆでることで放射線への対策ができると言われているため、調理の前に試してみてもよいと思われます。このように内部被ばくに対して考えることも薄毛などへの対策の重要なポイントになるでしょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ