女性が薄毛になる原因は女性ホルモンの減少!?

更年期には女性ホルモンが減少する

年齢を重ねると女性ホルモンが急激に減少することがあるのですが、これが原因となって女性の薄毛が起きてしまうことがあると言われています。

エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの1種には女性らしい丸みのある体を作ることや、子宮の発達、コレステロールの抑制の働きのほかにも、髪を育てて成長期をキープさせるという働きがあります。そのため更年期になって女性ホルモンが急激に減少してしまうと、髪がしっかりと成長できなくなってしまい、薄毛が起きることがあるのです。

中高年の女性の薄毛の原因のトップは、この女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少によるものだと言われています。

女性ホルモンが減少したことでの薄毛への対策は?

女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、薄毛が起きてしまった場合には育毛剤を使った対処もひとつの方法として取り入れることが可能です。そのほかの方法としてはエストロゲンと非常によく似た働きをする大豆イソフラボンを多めに摂取することをおすすめします。
大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌、醤油などの大豆食品に含まれている栄養で、エストロゲンのように働くことから髪を成長させるサポートができると考えられています。女性ホルモンが減少した時には、大豆イソフラボンを摂取して薄毛への対策ができることを覚えておくと便利です。薄毛対策のために食生活の見直しを考えている場合には、大豆食品を取り入れるように工夫してみるとよい効果を得られるでしょう。

男性ホルモンとのバランスも薄毛に影響を与える

女性の薄毛とホルモンの関係を見ていくと、女性ホルモンの減少だけでなく男性ホルモンとの関係を持っていることもわかってきます。男性ホルモンのアンドロゲンは、男性ほどではありませんが女性にも存在しているもので、体の中の比率が高くなると男性型脱毛症の原因になることがあり、女性の薄毛を引き起こすと言われています。
アンドロゲンは前頭部分や頭頂部分の髪の発育を阻害してしまうことがあるホルモンで、薄毛が気になるという女性は男性ホルモンのアンドロゲンが多いというケースが見られます。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ