避妊薬の飲みすぎは女性の薄毛に関係する?

経口避妊薬のピルが与えるホルモンへの影響について

女性の中には経口避妊薬のピルを服用している人もいるかもしれませんが、経口避妊薬のピルが薄毛を起こす原因になることがあります。これはピルという薬が女性ホルモンに働きかける作用を持っていることと深い関係があります。

女性ホルモンのエストロゲンを増やし、ホルモンバランスを整える効果や月経周期を整える効果があるピルは、経口避妊薬という名前から避妊を目的に使う人がほとんどなのですが、婦人科系の病気の治療にも使われています。

しかし、女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌されるようになる経口避妊薬のピルは、服用している間には逆に薄毛を起こすことは少ないとされています。

薄毛が起きてしまうのは、むしろピルの服用をやめた時に現れる副作用とされているため、薬を中止する時には注意が必要となります。ピルの服用をやめた時には、女性ホルモンのエストロゲンのバランスが乱れることで薄毛が起きやすくなるのです。

経口避妊薬のピルは女性の薄毛の原因に?

経口避妊薬のピルが女性ホルモンへの影響を与えることはわかったと思いますが、なぜ薄毛を起こすのかということについては、エストロゲンのバランスを乱すことと関係していることが大きいとされています。ピルを服用している間には、薬の作用でエストロゲンという女性ホルモンの量が増えて安定するのですが、服用をやめるとそれまでの量よりもエストロゲンの分泌量が減少し、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。
さらにエストロゲンには髪の成長期をキープするという働きがあるため、減少することで髪がしっかりと成長しなくなり薄毛になりやすいというデメリットが発生することがあり、女性の薄毛の原因となってしまうのです。不必要な経口避妊薬のピルの大量の服用は、薄毛を招く原因になってしまうのでできるだけ使わないようにしておきましょう。病気の治療で必要となる場合には、医師とよく話をして、薄毛についてもしっかりと説明を受けるなどしておくと安心してピルを使用できると考えられます。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ