ヘアアイロンの使い方を間違えると薄毛になる!?

ヘアアイロンで薄毛になるのは本当か?

ヘアアイロンは多くの女性が髪のお洒落のために使うことがあるものですが、使い方を間違えることで薄毛になるのではないかと心配されています。確かにヘアアイロンは高熱になり、髪にダメージを与えることから髪の健康にとってはあまりよくないものだと考えられます。使い方によっては髪に深刻なダメージが加わり、取り返しがつかないほど傷んでしまうというケースも見られます。

女性の髪のお洒落には欠かせないヘアアイロンですが、薄毛との関係を見ていくと、意外にも直接の関係はありません。どのようなことでヘアアイロンが薄毛との関係を持つのかをチェックすると、ダメージを受けた髪を改善させようとして使うシャンプーやトリートメントが薄毛や抜け毛などのトラブルを引き起こすことが多く見られます。ダメージ補習効果を持っているシャンプーやトリートメントには様々な成分が含まれており、中には頭皮環境を悪化させてしまう成分もあるため、この成分によって女性の薄毛が起きることがあるのです。

薄毛予防のためにもヘアアイロンは正しく使おう

ヘアアイロンで髪が傷まなければ、ダメージ補習効果のあるシャンプーやトリートメントを使う機会を減らすことが可能となり、女性の薄毛の予防ができると考えられます。そのためには、まずヘアアイロンの使い方を見直すことが重要です。設定温度は140℃から160℃を保つようにし、あてる時間もカールをさせる場合なら髪を巻いて3秒程度で離すようにすることがポイントとなります。
ストレートアイロンをあてる時には同じ部分に当たらないように注意し、上から下にスライドさせるように動かしましょう。また、髪が濡れたままヘアアイロンを使ってしまうとダメージが大きくなってしまうので、髪は必ず乾かすようにしてください。このようにヘアアイロンの使い方を正しくすることで、髪の傷みはかなり軽減されるため、ダメージ補習効果のあるヘアケアアイテムを使わなくて済むようになり、女性の薄毛の予防対策ができると考えられます。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ