女性ホルモン「エストロゲン」不足は薄毛の原因!?

女性ホルモンのエストロゲンと薄毛の関係とは

女性に薄毛が起きる場合、女性ホルモンのエストロゲンが不足しているというケースが見られます。髪の毛の成長と密接な関係を持っているとされるエストロゲンは、不足すると髪が成長しなくなったり、抜け毛、薄毛の原因となってしまうと考えられています。そのため、女性ホルモンのエストロゲンは不足しないようにしっかりと分泌させ、必要に応じて補うことも重要とされています。

エストロゲンは女性らしさを作り出すホルモンとしても知られているもので、体を女性らしく丸みを帯びたラインにしたり、第二次性徴期をうながすことや、生理や妊娠とも深い関係を持っています。薄毛だけでなく、髪そのものの美しさにも関わるホルモンであると同時に、美肌などの効果も持っていることから、女性にとっては美容全般に欠かせないと考えられています。

エストロゲンの減少はなぜ起きるのか?

女性ホルモンのエストロゲンが不足してしまう理由として一番知られているのは、更年期などの加齢によるものではないでしょうか?更年期になり閉経すると、エストロゲンは急激に減少し不足してしまうことから、女性はこの時期に薄毛になりやすいという特徴を持っています。

また、無理なダイエットをしている女性もホルモンバランスを崩しやすく、エストロゲンの不足が起きることがあるとされています。ダイエットをしていなくても、不規則な生活習慣や偏った栄養バランスの食事を続けている場合などには、エストロゲンが不足することがあり、薄毛になることがあるので注意しておきましょう。日々のストレスでもエストロゲンは分泌量が減少すると言われているため、適度にストレスを発散させることは薄毛の改善のためには重要なことだと考えられます。

ヘアケアをすることも女性の薄毛には欠かせないことですが、女性ホルモンのバランスを整え、エストロゲンが不足しないように工夫してください。規則正しい生活、栄養バランスのよい食事などを心がけるだけでも、薄毛には効果があると言えるでしょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ