紫外線が頭皮にダメージを与えるその理由と対策

紫外線が起こす光老化と頭皮の関係

紫外線は肌によくない影響を与えるものとしてよく知られていますが、頭皮にもダメージを与えて抜け毛や薄毛の原因を作ってしまうと言われています。特に頭は体の中でももっとも紫外線を浴びやすい位置にあるため、日頃から対策をしておかなければ頭皮や髪がダメージを受けてしまいます。

最近になって光老化という紫外線による深刻な影響があることがわかってきていて、紫外線が肌の奥まで入り込むことで頭皮が乾燥したり傷んだりするほか、髪の内部にあるメラニンを分解してしまい、赤茶けた色にしてしまうことがあります。髪に与える光老化の影響は、ほかにも切れ毛や枝毛といったものも挙げられ、深刻なダメージを受けた場合には、髪をカットしなければならないケースもあります。
頭皮に紫外線による光老化が起きてしまうと、髪を作る毛母細胞が機能しなくなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまうだけでなく、白髪も増えてしまうと言われているので、しっかりと対策をすることが求められます。

光老化を防ぐためにはどのように紫外線対策をすべきか?

もっとも効果的だと思われる頭皮の紫外線への対策方法は、直射日光を浴びないようにすることです。UVカット加工がされた帽子や日傘を使って直射日光から頭皮を守るようにすれば、ほとんどの場合には頭皮には紫外線は当たらないようになります。しかし、注意したいのは曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいるということがあるため、晴れの日以外でもしっかりと頭皮の紫外線対策をしなければいけません。
また、紫外線は夏場に強くなるイメージがありますが、5月にも強くなるほか、1年中存在しているものなので、秋や冬にもしっかりと対策をしておかなければ、頭皮や髪に深刻なダメージを与える光老化を起こしてしまう可能性が高くなります。最近ではUVカット効果のあるヘアケア商品が販売されているので、それらを使って紫外線対策をしておけば、帽子や日傘を使わなくてもある程度の紫外線への対策ができると考えられます。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ