エストロゲンを分泌する年齢のピークを過ぎると女性でも薄毛になる!?

年齢ごとにエストロゲンの分泌量は変わる

女性が薄毛になる場合、女性ホルモンの1種であるエストロゲンの不足が関係することがあると言われていますが、エストロゲンの分泌量は女性の年齢と密接な関係を持っています。つまり、エストロゲンの分泌がピークを越えてしまった場合、女性は薄毛になりやすいと考えられるのです。

エストロゲンは、女性が思春期を迎えてから分泌量が増加していくことが特徴で、20代後半に分泌量がピークとなり、30代前半には安定した分泌量を保っています。

しかし、それ以降になると分泌量は徐々に低下し、45歳から55歳に訪れる更年期になると急激に減少し、不足した状態になってしまいます。エストロゲンの分泌量がピークを過ぎてしまい、更年期で急激に現状してしまうことが原因で、女性は薄毛を起こしてしまうことが多く見られます。

エストロゲンが減少した場合の女性の薄毛対策は?

女性ホルモンのエストロゲンは卵巣で作られているものなので、卵巣の機能を活発にすることで、ある程度分泌量を増やすことができると考えられています。エストロゲンの分泌量のピークが過ぎてしまったとしても、なるべく長い期間、安定してエストロゲンが分泌されるように体調管理をしていけば、薄毛の悩みを抱えることも少なくなるでしょう。

そのためには食事や生活習慣に注意することが大切だとされていて、特に食事では卵巣の働きを活発にさせるためにも、良質なタンパク質、鉄分、ビタミンをしっかりと摂ることが必要と言われています。また、大豆に含まれている大豆イソフラボンはエストロゲンと非常によく似た働きをすると考えられており、摂取することでエストロゲンの働きをサポートできるとされています。

エストロゲンの分泌量のピークを過ぎてしまった女性は、大豆イソフラボンを摂取して薄毛をはじめ、美肌などへの対策を行うように工夫してみてはいかがでしょうか?もちろん、規則正しい生活も大切なので、飲酒や喫煙を控えたり、睡眠不足やストレスの解消をすることも、女性の薄毛には大切なことだと考えられています。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ