ウィッグや帽子の着用は薄毛に悪影響を与える!?

ウィッグや帽子でなぜ薄毛に影響があるのか

ウィッグや帽子は女性のお洒落に欠かせないアイテムになってきていますが、薄毛の原因になってしまうとも言われているものなので、どのような点が悪影響を与えてしまうのかをチェックしておきましょう。ウィッグにも帽子にも共通して言えるのは、頭皮の通気が悪くなってしまい、蒸れることがあるということです。

頭皮が蒸れてしまうことだけで薄毛になるということではないのですが、蒸れた状態をそのまま放置してしまうと、頭皮には細菌が繁殖しやすい環境ができてしまいます。増えすぎた細菌は頭皮に炎症を起こしてしまい、ダメージを与えて抜け毛などの原因となり、薄毛を進行させることがあると考えられているのです。
ウィッグの場合には、最近では通気性を重視して作られているものが増えてきていますが、帽子は特に夏場に被る機会が多いこともあり、蒸れやすいため気をつけて、あまりきつい帽子を選ばないようにしておきましょう。また、ウィッグや帽子だけでなくヘルメットにも同じことが言えるので、仕事などで長時間ヘルメットを着用している女性にも注意が必要です。

薄毛の原因となるウィッグや帽子への対策は?

長時間ウィッグや帽子、ヘルメットを着用する女性は薄毛にならないように通気性について考えておくことが必要ですが、具体的にはどのように対策をしていけばよいのか迷ってしまうこともあるではないでしょうか?帽子を被っている場合には、こまめに脱いで汗を拭くことがポイントとなりますが、ウィッグの場合には1日中着用していることが多いでしょう。
ウィッグは帰宅したら早めに取り、その日はしっかりとシャンプーをすることをおすすめします。1日着用したからと言ってウィッグも帽子によって、すぐに炎症が起きて薄毛になるというわけではありませんが、毎日のように着用する女性は少し注意して、清潔なウィッグや帽子を使うように気をつけることも大切です。ウィッグの洗浄もきちんと行うように注意して、頭皮を清潔に保つようにすることも薄毛への対策のひとつになります。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ