体内のアンドロゲンが増えると女性でも薄毛になる!?

アンドロゲンとはどのようなもの?

女性の薄毛と関連が高いとされているものにはホルモンのバランスが挙げられ、主に女性ホルモンのエストロゲンのバランスについて取り上げられます。しかし、薄毛との関係を見てみるとアンドロゲンというホルモンも存在しており、発毛や髪の成長に関わっているとされているのでチェックしておく必要があります。

女性の薄毛とアンドロゲンの関係

女性らしさを形成するエストロゲンは、髪に対して発毛や髪の成長時期を長くするという作用を持っていることが特徴です。アンドロゲンというものは男性ホルモンの1種ですが、女性にも男性の10分の1ほど存在しています。
もちろんアンドロゲンがあることも、男性にヒゲや胸毛があるように発毛をうながす作用があり大切なのですが、薄毛の症状がある女性にはアンドロゲンが多い傾向が強いとされています。アンドロゲンが多いことで薄毛が起きるというわけではないのですが、前頭部分、頭頂部分だけに薄毛を起こすことがあるホルモンなので、その働きが女性の薄毛につながることがあると考えられています。

アンドロゲンによる女性の薄毛の症状とは?

女性の薄毛の原因がアンドロゲンという男性ホルモンの作用によるものだという場合には、個人差はあるものの前頭部分や頭頂部分の髪が最初に薄くなる傾向が強いとされています。逆に側頭部分や後頭部部分の髪が薄毛になることは少ないことが特徴なので、鏡で見たり触れたりすると自分でチェックすることができます。薄毛が起きている場所によってアンドロゲンの作用による薄毛なのかを知ることができるというわけです。
女性ホルモンのエストロゲンを多く分泌させることが対策のひとつと考えられるため、対策のひとつとしてエストロゲンと酷似した働きをする大豆イソフラボンを摂取するようにしてみてください。
大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、豆乳、味噌や醤油といった大豆食品に豊富に含まれています。女性ホルモンを活発にさせることで女性の薄毛に対してのアプローチができると考えられているので、食事に取り入れてみてください。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ