アルコールの飲みすぎで髪の毛は薄くなる?

アルコールと女性の薄毛の関係について

薄毛はアルコールと関係があり、アルコールを摂りすぎてしまうことが原因で引き起こされると言われている症状です。少量であれば、アルコールは血行改善の効果などがあるため、健康にもよいと言われることがありますが、過剰に摂取してしまうと薄毛の原因となってしまいます。

女性に限らず人間の体の中は、過剰にアルコールを摂取した場合には、栄養や酸素が行き渡らなくなってしまう状態に陥ってしまいます。
栄養不足や酸素不足の状態が続くことで、頭皮や髪の健康状態が悪化し、薄毛や切れ毛、髪が細くなってしまうなどのトラブルが引き起こされます。
また、アルコールを大量に摂取することは糖分の摂りすぎにつながってしまうことがわかっています。
多くの場合、アルコールは穀物や果実が原料となっているため、飲むと糖分を摂取することになり、体内で脂肪へと変わって蓄積されるようになります。脂肪が溜まりすぎてしまうと皮脂が過剰に分泌されるようになり、毛穴のつまりが起きてしまうために薄毛の原因となることがあるのです。近年は女性の飲酒の傾向が強くなってきているので、薄毛に悩んでいる人はアルコールの摂りすぎに注意しておきましょう。

肝臓のケアをしてアルコールでの薄毛を防ごう

アルコールを摂取した時に分解する働きをするのは肝臓だということはよく知られていることではないでしょうか?肝臓の働きを助けるための栄養素としておすすめとされるものは亜鉛とされ、シジミなどに多く含まれていると言われています。亜鉛は肝臓の働きを助けるだけでなく、食事で体に取り込んだタンパク質を髪に変化させるという役割も持っているため、薄毛への対策には欠かせません。
アルコールを摂りすぎた時には、アルコールの分解で亜鉛が消費されることも薄毛の原因のひとつだと考えられており、肝臓の働きがよくなれば、髪のトラブルも改善されると言われています。そのため、飲酒の習慣がある人は亜鉛が含まれている食材を積極的に取り入れた食事をすることをおすすめします。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ