女性は頭頂部のつむじ部分から薄毛が広がる!?

女性の薄毛のタイプ

薄毛に悩む女性が増えていますが、薄毛には6つ種類がありますので、あなたがどのタイプに当てはまるか知っておくと、対処方法も分かるでしょう。では女性の薄毛にはどんなタイプがあるのでしょうか。

1つは分娩後脱毛症といい、産後の一時的な脱毛です。この場合、特に心配することはなく、半年経つころには回復します。2つ目は瀰漫性脱毛症です。この脱毛症は最も多い脱毛症状と言われています。逆に言えば、原因が分かっている分、除去すれば薄毛も改善すると言うことになります。3つ目は脂漏性脱毛症です。皮脂が分泌されすぎることによって起こる脱毛症で、皮膚炎が起こることもありますから皮膚科で治療が必要です。

4つ目は糀糠性脱毛症といい、フケの大量発生が原因と言われています。生活習慣を見直すことで改善することが多いです。それから牽引性脱毛症はポニーテールやアップヘアなどのように、髪の毛を引っ張ることが多い人に良く見られる脱毛症です。最後は円形脱毛症で、突然楕円形状の脱毛が発生します。抜け毛がいきなり出てきた場合は円形脱毛症の可能性が高いです。

つむじから薄毛になるの?

女性の多くがつむじ部分から薄毛になると言われていますが、実はつむじはもっとも気づきにくい場所ですから、脱毛や薄毛に気づいたときは手遅れ、と言うこともあります。円形脱毛症は一部分だけの脱毛ですが、つむじから脱毛が起こると髪の毛全体が薄くなっていきます。

つむじが薄くなる原因は女性ホルモンが減ってしまうためです。この多くは瀰漫性脱毛症と言われており、更年期以降髪の毛全体の薄さ、目立つつむじなどが特徴となっています。更年期だけではなく、出産やダイエット、ストレスも原因と言われています。

他にも頭皮環境が悪くなっているとつむじから薄くなるとされており、フケが多くなってきたと言う人は注意が必要です。つまり、先ほど紹介した薄毛の種類のうち、5種類がつむじから薄くなるタイプなのです。ですから女性の薄毛はつむじから始まることが多いのです。つむじの薄毛治療を望むと同時に、増毛もつむじ部分からと希望する女性が多いのもそのためです。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ