増毛した髪が白髪に!?白髪染めしても大丈夫?

増毛後の白髪染め

地毛は育つわけですから、当然年齢を重ねれば白髪も出てきます。最近は20~30代の女性にも薄毛が多く、増毛治療を受ける方も増えていますから、このときはまだ黒髪が多かったとしても、やがて40代50代になる頃には白髪もちらほら出てくるようになるでしょう。

増毛して安心して生活を送れるようになったのに、白髪が生えてきてしまった、そんなときはどうすればいいのでしょうか。基本的には増毛を行ったサロンに相談してみてください。白髪染めをしようという選択肢もありますが、製品によっては増毛した部分が抜け落ちてしまう場合もあります。たいていの白髪染めがブラシタイプとなっていますので、ブラシで根元から白髪染めをしようとすると、結んだ部分が引っかかってしまうのです。

もちろん部分染めタイプであれば、特に問題のない白髪染めもあります。スティックタイプでブラシする必要がないもの、マニキュアタイプやスプレータイプ、ふりかけタイプなど、様々な白髪染めがありますので、サロンで相談しながら白髪染めをしてみてください。

自然素材の白髪染めならいい、と言う場合も

白髪染めをする際、化学成分配合のものを使うと地毛を傷めてさらに薄毛が進行する恐れがあります。その場合は自然素材でできた白髪染めを探してみてください。増毛のタイプによっては増毛直後からカラーリングや白髪染めができるものもありますが、ほとんどのサロンでは自然素材からできた白髪染めを推奨しています。

またサロンのなかには増毛と白髪染めをセットにしたプランを提案したりと、年齢によって出てくる悩みに対応してくれます。サロンでの増毛の場合、1ヶ月に1度はメンテナンスが必要ですから、そのときに相談するのもいいでしょう。サロンの中には白髪染めの販売を行っている場合もありますので、お勧めを聞いてみるのもいいです。増毛後に白髪が目立ってきた、染めたいと言う方は、まずサロンに相談して見ましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ