女性が薄毛になり始める年齢と対処方法

女性の薄毛は何歳から始まるのか

女性の薄毛が目立ち始めるのは更年期を迎える頃と言われていますが、実は30代から薄毛は始まっています。というのも女性ホルモンのエストロゲンのピークが28歳であり、後はだんだん分泌量が減っていくからです。女性の薄毛の原因は女性ホルモンの減少ですから、それはお分かりいただけるでしょう。

そのため30代半ばになるとボリュームが減ってきた、抜け毛が増えてきたと感じる女性も多く、ツヤやハリ、コシも減ってきたと感じるようになります。女性の薄毛対策は早めに始めた方が良く、遅くなってしまうと薄毛は進行し、増毛しようにも時間がかかってしまうのです。

女性の薄毛対策法

助成の薄毛に対処するためには4つの前兆を覚えておくといいでしょう。女性の薄毛の前兆は髪の毛や頭皮のべたつき、フケが増えてかゆくなる、前髪が細くなる、頭皮が硬くなると言う4つになります。

頭皮から皮脂が分泌されすぎている場合は髪の毛や頭皮がべたつき、髪の毛の生育環境もよくない状態です。さらに乾燥したりシャンプーを正しくしていなかったりするとフケが増えてしまいます。前髪と言うのは後頭部、側頭部よりも栄養を受け取りにくい場所ですから、最初に細くなる場所です。前髪が細くなったら薄毛の始まりと思っていいでしょう。また頭皮が硬いと血行が悪く、栄養素や酸素が十分に行き届いていない可能性があります。

こうした前兆が見られるようになったら生活習慣を正しくする、栄養バランスのいい食事を取る、ブラッシングを丁寧に行う、髪の毛をきつく蒸す場合、紫外線対策をする、頭皮マッサージをするなど対策を取ってみましょう。もちろん育毛剤を使うのも一つの方法です。原因を正しく知り、対策を取っていくことが増毛につながります。女性の薄毛は男性と違い、回復する見込みがあります。長く時間をかけなければなりませんが、まずは6ヶ月始めてみませんか。続ければ続けただけ、髪の毛の状態も改善されていくでしょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ